体臭

2014/12/01

体臭を改善するには入浴や食事がポイント!

体臭を改善するには入浴や食事がポイント!

男性は汗や皮脂などの老廃物の分泌が多いため、年齢を重ねると体臭がきつくなることがあります。今回の相談者は40代になり体の臭いがきつくなったことを実感しています。改善したいと考えていますが、何か対策はあるのでしょうか?

40代男性からのご相談:「体臭が気になり悩んでおります」

体臭が気になり悩んでおります。近年、妻から身体の臭いが気になると言われ、今では離れて寝るようになってしまいました。朝にはあまり気づきませんが、夜寝る時に自分でも布団の臭いがキツイのが分かります。寝る前には風呂にも入っておりますし、暑い夏以外でも臭っている状態です。何か体臭を改善する良い手立てはないものでしょうか?お願い致します。

入浴方法を見直して体のケアを大切に!

入浴の方法を改善するのも臭いを予防するためには重要です。シャワーだけで済ませるのではなく、体をじっくり温めるのが重要です。

下半身浴やサウナなどでじっくりと身体を温め毛穴をしっかり開かせ汗を出してから、髪や体を洗うこともいいでしょう。(看護師)
体は消臭効果のあるボディソープを使用し、ワキの下や皮膚の重なった部分は洗ったあと、しっかり乾燥させてください。頭皮はマッサージするように洗いましょう。(看護師)
シャンプーが残らないよう充分に洗い流し、ドライヤーでしっかり乾燥させてください。頭皮にシャンプーや水分が残っていると、雑菌が繁殖しやすく、臭いの元になります。(看護師)

食生活を見直して体の内側から臭いの原因を改善

食生活を改善されてみてはいかがでしょうか?アルコールや喫煙も体臭の原因になります。脂っこい食事や糖分の多い菓子パンやジュースなどは身体を酸化させ、より臭いをきつくします。野菜や豆製品を中心に代謝のいい食事に変え、代謝をよくするための運動をおすすめします。

体臭予防として、体の内面からは、動物性脂肪を含む食品や臭いのきつい食品、洋菓子やチョコレートなど甘い物は避け、繊維質を含む野菜や果物、海藻類、キノコ類、乳製品を摂って、腸内環境を整え、便秘しないようにしてください。緑黄色野菜や果物のビタミンは体の酸化を防ぎ、体臭を予防してくれます。(看護師)

歳を取るとどうしても身体の臭いがきつくなってしまいますが、入浴の仕方を見直したり、食生活を見直し、なるべく臭いにくい体にしていきましょう。

体臭改善対策のひとつとなる入浴方法の見直し、食生活の見直しですが、これらの方法はあくまでセルフケアであり、治療ではないため、即効性はそれほど期待できません。長期的に続けることで、臭いの原因が少しずつ改善されていくのを期待して行うものです。
セルフケアでできるだけ早く効果を出したいのであれば、体臭改善に有効なアイテムを積極的に取り入れましょう。
体臭改善アイテムには、サプリメントや消臭スプレーなどもありますが、毎日の入浴で使うボディソープを変えるだけでも効果が期待できます。体臭対策用の、有効成分が配合されたボディソープに切り替えましょう。日常生活の中で、自然な流れで効率的な対策がとれるので、手間もかからず続けやすい方法です。

>>オトコクラスが選ぶ「BEST体臭予防ボディソープ」はこちら


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加