健康

2014/11/27

血圧を下げるお茶。飲むならどんなものがよい?

血圧を下げるお茶。飲むならどんなものがよい?

手術をしたため血圧が上がらないようにと言われているのに、どうしても上がりがち。血圧のコントロールに苦心している男性から、血圧を下げてくれるお茶についての相談です。

60代男性からの相談:「血圧を下げるお茶とは」

血圧がちょっとした事で上がりがちです。手術をしたのであまり血圧が上がらないようにと言われていますが、良い方法はあるでしょうか。血圧に効くお茶があると聞いたのですが、効果はありますか?身体に負担はあるのでしょうか。

トクホを目印に自然素材のお茶を。

そば茶や黒豆茶など、血圧を下げるといわれている自然素材のお茶はいろいろあります。特に、効果が認定されているトクホのものを選ぶと安心でしょう。

高血圧に効果のあると言われているお茶はそば茶など様々な種類がありますが、特定保健用食品(いわゆるトクホ)は国の機関により効果が認められたものです。お試しになるならトクホのものがお勧めです。(看護師)
そば茶、ゴーヤ茶、黒豆茶がいいと言われています。いずれも自然素材なので、身体への負担はないでしょうが、毎日続けるとなると、味に飽きたり、コストの心配もあります。(看護師)

生活習慣の見直しがより重要。

お茶だけで血圧を下げることは不可能です。血圧コントロールの基本である、食事をはじめとした生活習慣の見直しをおろそかにしないようにしましょう。

お茶やサプリメントなどに頼るより、生活習慣を改善することがより大切ですね。食事は腹八分目、塩分やコレステロールは控え目に、アルコールも控えめに、肥満を解消し理想的な体重に近づける、定期的な運動を心がける、禁煙などが血圧を下げる健康的な生活習慣です。(看護師)
血圧を上げないようにするには、気分転換をして、ストレスをためない、イライラしたり、怒ったりしないなど、精神的安定を図ること。規則正しい生活で、充分な睡眠をとることです。(看護師)
食生活では、血液をさらさらにすると言われている、玉葱、ブロッコリー、緑黄色野菜を中心に、繊維質を含む海藻類やキノコ類、動物性脂肪より、魚や鶏肉のささみなど、脂肪の少ないもの、果物などバランスのとれた食事を心がけてください。また、1日に大さじ1杯のお酢を食事のどれかに入れて摂取するのも効果があると言われています。(看護師)

実際に血圧に対する効果が実証されている自然素材のお茶があるというのは心強い限り。しかし、食事や運動、規則正しい生活が一番大切。側面からのサポートとして上手に取り入れるのが正解のようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加