ED

2016/12/01

EDは食事や運動で改善する! タイプ別対策法

EDは食事や運動で改善する! タイプ別対策法

勃起不全(ED)は、成人男性の4人に1人が悩んでいるといわれています。EDの原因はいくつかあり、中には食事や運動で改善できるものもあります。今回は原因ごとの対策についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

EDの原因は大きく分けて2種類あった!

まず、一つは器質性EDという体に原因がある場合に症状が現れるEDです。血管や神経が何らかの理由で傷ついたり、男性ホルモンが低下するといった物理的な原因となります。

糖尿病や脂質異常症(高脂血症)など、血管や血液に関わる生活習慣病もEDと深く関わっていることが解っています。糖尿病は血液中のブドウ糖、脂質異常症はコレステロールや中性脂肪が血液の流れを悪くする原因とされます。

炭水化物や糖質、アルコールの摂取を控えるなど、食事によって血液の流れを良くする対策も重要で、EDの改善へとつながります。食事に気をつけるだけでなく、適度に運動を行ってエネルギーに変えて消費する対策方法もあります。

もう一つは、心因性EDという心理的・精神的な原因が考えられるEDです。悩みやストレス、プレッシャーのため、気分が落ち込んだりすることや、不安障害、うつ病など物理的には説明が難しい原因となります。専門の医師やカウンセラーに相談し、改善に向けた対策を取ることもできます。

抗不安薬や抗うつ薬などの服用によってもEDとなるケースもあります。病院・クリニックから処方された薬を飲んでいる場合は、そのことも併せて医師に相談することにより、EDを改善するための適切な薬が処方されます。

食事での改善方法

血液の流れが阻害されることがEDの原因に関係するため、食事によって血行を促進し、骨盤内の血液がよく流れるように心がけることも対策となります。そのため、血液をサラサラにする食事を摂ることが大切です。

ビタミンやミネラルは体の新陳代謝に必要で、血液をきれいにします。そして、アミノ酸はコレステロールを低下させます。

血液をサラサラにし、脂肪を吸収しにくくする具体的な食材を挙げると、お茶、魚、海藻、納豆、酢、キノコ類、野菜、ネギ類などです。海藻や野菜には食物繊維も含まれるため、血管の壁をきれいにする効果があります。

特に、納豆には血栓を溶かす作用がある酵素が含まれ、血液をきれいにすることで知られています。

精力の向上が期待できる食材には、ほうれん草、レバー、牡蠣、うなぎ、山芋、ニンニク、豚肉などが挙げられます。滋養強壮、疲労回復などに効果の期待できるタウリンや亜鉛といった栄養素が含まれています。

タウリンは、アミノ酸の一種で、脂質の消化や吸収を助ける働きもあります。また、亜鉛は精液の合成にも必要です。食事療法のED改善は時間がかかり、結果として満足いくケースが少ないですが、健康を保つことや持続性を持たせるのは食事療法で可能です。

運動での改善方法

適度な運動もEDの改善には大切ですが、下半身の筋肉を鍛えるスクワットが最も効率的とされます。膝が前に出たり、腰が曲がらないように気をつけ、正しい姿勢で行います。

基礎代謝の向上にもつながります。スクワットを行う際は無理をせず、身体を傷めない程度に毎日続ける習慣をつけることが効果的です。

下半身を鍛える運動としてサイクリングもありますが、ED対策としては適していません。血管や神経がサドルによって圧迫され、勃起に必要となる血流が悪くなるためです。

運転中、前傾姿勢になるマウンテンバイクなどのスポーツタイプは陰茎を圧迫するため、特に控えた方が良いとされます。スクワットは簡単で、天候にも左右されないため、ED改善方法として勧められています。

薬での改善方法

様々な原因により、抗不安薬や抗うつ薬などの向精神薬を服用していることによって生じるEDは、薬剤性EDに分類されます。心因性EDで記載した通り、医師に相談するのが望ましいです。

一般的に、EDの治療薬としてPDE5阻害薬の成分を使用する薬が処方されます。PDE5阻害薬は、排尿障害を改善する薬とされますが、血管拡張作用、前立腺・膀胱平滑筋の弛緩作用を現します。

硝酸薬や一酸化窒素供与薬と合わせての服用は、降圧作用などが増し、頻脈や心臓負荷になる可能性もあるため、原則として禁止されています。

バイアグラ、レビトラ、シアリスといった薬が主なED治療薬として処方されます。ジェネリックの開発も進められています。

それぞれの薬の飲み合わせの詳細は医師、または、薬剤師に問い合わせることで安全に服用ができます。通常、医師が今まで服用している薬や病歴について尋ねます。服薬によって効果が見え始めると、不安や緊張が緩和されて徐々に自信につながります。

ED治療薬は現在、保険適用ではありません。1錠あたり1800~2400円で処方されてます。病院によっては高額な設定になってるところもありますので、問い合わせを行い受診処方してもらってください。通信販売のED治療薬は絶対に購入をしないでください。

心理学的アプローチでの改善方法

ED治療薬でも十分な効果が現れない場合であれば、カウンセリングや行動療法などによる心理的なアプローチから行う治療方法もあります。日頃から感じているストレスだけでなく、不安やトラウマ、性行為への抵抗感や罪悪感など心の奥にある苦痛を和らげ、時間をかけて自信へと導きます。

パートナーと共にカウンセリングを受けるケースもあり、セックスセラピーによって関係を克服させる方法もあります。EDとパートナー間の関係は避けることが難しいため、互いに協力し合い、専門家のアドバイスを受けることが大切です。

ED改善の第一歩までの時間を引き延ばさず、早めに相談するといいでしょう。

EDの治療で最近はご夫婦が相談に来られるケースが増えています。男性だけでED治療を行っても女性の満足がいかないことで相談に訪れるケースが多いとのこと。心理的に行うカウンセリングを行いご夫婦が満足のいくよう診療している医療機関もあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加