健康

2014/11/22

遺伝しやすい高血圧。生活習慣を改善し対策を!

遺伝しやすい高血圧。生活習慣を改善し対策を!

高血圧は主に遺伝の影響が大きいと言われています。今回の相談者の男性は両親ともに高血圧症でその遺伝的体質を気にしています。何とかして高血圧を予防したいと考えているのですが、塩分を控える他に出来る高血圧予防にはどのようなものがあるのでしょうか?

40代男性からの相談:「塩分を控える他に出来る高血圧予防を教えてください」

高血圧になりやすい家系の相談者の男性。将来高血圧の薬に頼りたくないため、何か対策をしておきたいと考えています。

私の父母は2人とも高血圧で、代々高血圧の家系です。私も今からできる予防策がなにかないかと考えているのですが食事のコントロールや、塩分を控える他になにか良い方法はありますか?なるべくお薬に頼りたくないと思っています。

自然の降圧薬「カリウム」の摂取を!

自然の降圧薬とも言われるカリウム。体内の余分な塩分の排出を促してくれます。また、血液をサラサラにする食品も高血圧に効果があります。

牛乳・魚・納豆・りんご・バナナ・ひじき・ほうれん草等に含まれているカリウムは血圧を下げる働きがあるため積極的にとるようにしてください。ただし、腎臓を悪くしている方は腎機能に影響を与えてしまいますので注意が必要です(看護師)
魚類や海藻類は血液をさらさらにすると言われ、納豆やネギ類、玉ねぎも血液さらさらでよく知られています。積極的に食べたいですね(看護師)

生活の中に運動を取り入れて規則正しい生活を

高血圧におススメの運動は有酸素運動です。テレビでも話題になったふくらはぎマッサージも試してみる価値ありがありそうです。また、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

できる範囲でウォーキングや軽い運動をしてください。きつい運動や急激に走ったりするのは逆効果です。最近はふくらはぎマッサージが注目されています。ふくらはぎをもむことで血液の流れが良くなり高血圧に効果があります(看護師)
高血圧の予防で大切なことは、できるだけ規則正しい生活を送ることです。十分に睡眠をとり、喫煙されているようでしたら禁煙を心がけ、便秘をされているようでしたらいきむことで血圧が上がるため便秘を解消するようにしてください(看護師)

高血圧は遺伝の影響が大きいと言われていますが、遺伝だから必ず高血圧症になるというわけではありません。生活習慣を注意することで発症しない場合もありますのでカリウムを意識した食事、有酸素運動、ふくらはぎマッサージなど毎日の生活に取り入れていきたいですね。また家庭用血圧計で、毎日血圧をチェックしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加