健康

2016/11/30

糖尿病と腰痛・四十肩には関係性がある? ない?

糖尿病と腰痛・四十肩には関係性がある? ない?

糖尿病治療で運動したいと思っているのに、腰痛と四十肩で難しい…。今回の相談者さんはそういった身体の痛みと糖尿病の間に何か関係があるのでは、と考えています。実際のところはどうなのでしょうか。

40代男性からの相談:「腰痛や四十肩は糖尿病と関連があるのでしょうか?」

私は7年ほど前から2型糖尿病を患っています。
薬も飲んでいるのですが、やはり食事と運動の生活習慣が大事だと思います。そこで運動をちゃんとしたいのですが、腰痛も四十肩のようでなかなか運動習慣が身につきません。
特に肩甲骨から背中にかけてはじっとしていても痛いことがあり、大変困っています。
腰痛や四十肩の症状も糖尿病との関係があるのでしょうか。また痛みが強いときに無理に運動すると糖尿病も悪化しやすいでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう
>>糖尿病にかかるとなぜ手足は壊死する?

肩甲骨から背中にかけての痛みは心臓や肺に原因があることも

肩甲骨から背中にかけての痛みの原因はいくつか考えられるといいます。中でも、心臓や肺が痛みのきっかけになっているケースもあるようです。

糖尿病があると手足のしびれ、感覚が鈍い、神経痛などの神経障害がでてきます。けれど、ある程度、糖尿病が進行していないと症状は出ないと言われています。(看護師)
現在血糖値がコントロールされているのでしょうか。まずは糖尿病のコントロールが大切です。痛みは、ご自分でただの四十肩、腰痛と思われていても原因は、いろいろあります。間違った運動をしてしまうと悪化させることになります。(看護師)
それとは別に、肩から背中にかけての痛みは、心臓や肺に原因がある場合もあります。腰の痛みもな内臓が原因の可能性もあります。(看護師)

痛みの原因は四十肩かもしれない

糖尿病と痛みの関連性はないと考えられます。専門家が推測するのは、四十肩が原因になって起こる痛みです。

腰痛や四十肩は、直接的な因果関係はないと考えられます。2つとも、運動不足によるものであったりしますが原因が特定できないものであります。(看護師)
肩甲骨から背中にかけて痛いのは四十肩の影響によるものだと考えられます。四十肩は、肩関節周囲炎と言われており無理に動かすと悪化してしまうので温めることで血流を活発にして治りを良くするようにするといいです。(看護師)

改善にはプールでのウォーキングがおすすめ

四十肩による痛みを解消するための方法について専門家に聞きました。すると、プールでのウォーキングを勧めていただきました。プールでのウォーキングが四十肩にいいというポイントはなんでしょうか。

相談者さんには、プールでのウォーキングが一番ベストだと考えています。プールの中だと炎症も冷やされ関節にかかる負担も少なくなります。カロリーの消費も高く、筋肉には負荷がかかるので筋肉が発達し血糖値も下がることが期待できます。(看護師)
気をつけてもらいたいのは、運動すると食欲が増進しますので食事管理には気をつけるようにして下さい。(看護師)
安静にしていても痛みがあるというのであれば、神経痛でなければ、身体の中が原因かもしれません。一度、総合的に精査されることをお勧めします。運動したから糖尿病が悪化するという例は聞いたことがありません。(看護師)

糖尿病によって手足がしびれ不調をきたすのは、症状がかなり進行してからです。ですから、肩や背中の痛みとは因果関係は少ないと考えられます。まずは四十肩による痛みを疑い、プールでのウォーキングを試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加