髭・体毛

2016/11/29

眉毛が薄いのが悩みです…濃くするためにどうしたらいい?

眉毛が薄いのが悩みです…濃くするためにどうしたらいい?

眉毛が薄いのが悩みだという相談者さん。眉毛を濃くしたいとのことですが、どうすれば眉毛を濃くし、凛々しい自分を発揮できるのでしょうか。眉毛が薄くなる原因から濃くするためのアドバイスまで、専門家のご意見を伺いました。

40代男性からの相談:「眉毛が薄いというのは、なにかの病気なのでしょうか。」

子供の時から眉毛が薄いのが悩みです。そのせいで、「女の子みたいで気持ち悪い」と言われたことがありました。
さすがに成人してからはそのようなことを言われることはないですが「眉毛が薄い」や「なぜ男なのにそんなに眉毛が薄いの?」と言われることがありました。
眉毛が薄いのは、男性ホルモンが少ないのが原因と聞いたことがあります。実際に友人からは「中性的だ」と言われます。
眉毛が薄いというのも病気だと思います。どうすれば良いでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう
>>わき毛が薄いのが悩み。どうすれば濃くできる?

アトピーで眉毛が薄くなっているのかも

眉毛が薄くなってしまう原因にアトピーがあります。アトピーがある場合は、その治療を進めていくことで眉毛も復活していくかもしれません。

アトピー性皮膚炎などあると、小さい子供は我慢できずに肌を掻いてしまったり、眉毛を抜いてしまいます。眉毛の辺りは痒くなる場所なので、眉毛がない、または薄い子供さんはよくいます。ケガをして傷があっても生えてこなくなります。(看護師)
大人になっても眉毛が薄い原因は、やはりアレルギーで肌が痒くて、眉毛を掻いていることが多い、乾燥している、野菜や果物をほとんど食べていないなどが考えられます。乾燥すると生え変わりもスムーズにできなくなるので、薄くなる原因になります。(看護師)
眉毛を剃ったりしても薄くなり、生えにくくなります。ビタミンやミネラル、たんぱく質は髪の毛や眉毛にも大切です。(看護師)

体毛を濃くするテストステロンを増やすには

体毛は男性ホルモンの影響を受けています。中でも、テストステロンは体毛の濃さを決定する要因です。テストステロンを増やす方法はあるのでしょうか。

男性ホルモンとは、テストステロンのことだと思いますが、テストステロンが低いと確かに体毛は薄くなると言われています。そのかわりに、頭の毛は薄くなりにくいという特徴もあります。(看護師)
テストステロンを増やす方法には、いくつかあります。まずは、ストレスがかかる場所に身を置くことです。他には、筋トレを行うとテストステロンが増加するとも言われています。(看護師)

眉毛を濃くするための対策

眉毛を濃くするために、いくつかの方法を専門家から提案していただきました。この中から自分に合った方法を選んで継続していくことで、眉毛を濃くすることもできるかもしれません。

体毛を減らす効果がある女性ホルモンは、大豆製品に多く含まれていると言われていますが、現代の方々の量では効果は乏しいと考えられるので気にすることはありません。他の解決策としては、化粧をするのも一つの方法かもしれません。(看護師)
改善するためには、肌の改善と血行を良くすることが大切です。蒸しタオルで温め、男性用の化粧水で保湿してください。リンパマッサージをすると血行がよくなります。食事をとって眉毛が生えるように栄養を摂ってあげてください。アレルギーがある場合は、そちらの治療をしないと改善しません。(看護師)
ネガティブなことで受けるストレスは、テストステロンが減少してしまいます。人から言われたら素直に「眉毛が薄くて悩んでいる」という旨を伝えるは、精神的な面から気が楽になるのでいいです。(看護師)

眉毛は顔の印象を決定する大きな要素の一つです。しっかりとした眉であれば相手の反応も多少変わってくるかもしれません、眉毛を濃くするためには、血行をよくしたり栄養状態をよくすること。そして、なによりも精神的に余裕を持っていることが大切です。おおらかな内面に触れた時、眉毛のことは二の次になっていることでしょう。それが、テストステロンを増加させ、男としての自信に繋がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加