メタボリック

2016/11/29

食生活に気をつけているのに血圧が下がらない理由は?

食生活に気をつけているのに血圧が下がらない理由は?

健康診断で高血圧と診断された! 食生活を気をつけているにもかかわらず、血圧が下がらないのはなぜ? 専門家に高血圧となってしまう原因についてお聞きしました。

30代男性からの相談:「メタボ予防のための高血圧対策について教えて下さい。」

私は現在35歳でそろそろメタボリックシンドロームが気になる年齢になってきたので、インターネットでいろいろ調べてみると、メタボリックシンドロームとは肥満と高血圧等の症状を併せ持った人のことを指すということが分かりました。
私はそれほど太ってはいないのですが、もともと血圧が高くて健康診断の度に指摘されていました。
さらに調べてみると太っていなくても内臓脂肪型肥満というものがあるらしくて、もし私が内臓脂肪型肥満であったらメタボリックシンドロームになってしまうと不安に思っています。
そこでせめて高血圧だけでも改善したいと思って食生活に気を付けているのですが、なかなか血圧が下がってくれません。このような場合は一度病院に行って相談してみた方がよいでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう
>>コレステロールが下がらない原因は? 病気の可能性も…

病院で測ると血圧が上がってしまうことがある

血圧が高く出てしまう要因の一つに、病気とは関係のない心因性のものがあります。病院で血圧を測定することで、無意識のうちに緊張を高めてしまい血圧が高く出てしまうというものです。

なかなか血圧が下がらない場合は医療機関に受診するのが良いですが、血圧というのは1日のうちでもかなり変動します。(看護師)
病院や健康診断で測る場合には緊張してしまい、高く出る人もいます。ですので、血圧について病院へ相談に行く際には、ご自宅で起床時と寝る前に血圧を測り、それを少なくとも2週間ほど記録したものを用意するのが良いです。(看護師)
ご自宅で測れない場合は、外出先で見つけた時でも構いませんので、リラックスした気持ちで測ったものを何日か記録してみましょう。それでも血圧が常に高い場合は、医療機関を受診した方が良いです。(看護師)
いくら緊張しているとはいえ、上が160、下が100を超えるような血圧が連続で出てしまうような場合は早めに受診されることをお勧めします。(看護師)

生活習慣や病気が高血圧の要因になっているケースがある

血圧が高く出てしまう原因は、いくつも考えられます。血圧を改善させるためには、原因の特定を優先するのがいいかもしれません。

高血圧はメタボリックや食事だけではなく、日頃の生活習慣やストレスも関係して起きる事があります。また、そのような事や食事、不規則な生活が重なると、自分で対応していても、なかなか高血圧は改善されずに、酷い人では高血圧が原因での頭痛や肩こり、めまい、吐き気を起して、かえって危険な状態になり、入院での治療が必要になる場合もあります。(看護師)
肺高血圧や腎性の高血圧など体の中が原因で血圧の上昇を招いていることもあります。そのような事も考えられるので、心配であれば、早めに病院受診をしてみてはいかがでしょうか。(看護師)
内臓脂肪があるからと言って必ずしも高血圧になるとも限りませんが、検査をして高血圧の原因を知り、ご自身の血圧の状態にあった降圧剤を内服して、血圧をコントロールする事も、高血圧から起きる脳血管疾患や心疾患から自分の体を守るためには一つの方法です。まずは、内科に受診をして、相談してみてはいかがでしょうか。(看護師)

問題を解決する場合、何事もまずは原因を究明することが最重要です。原因の究明なくして対策はありません。まずは、原因を特定しましょう。食習慣を改善するのはいいことですが、それが高血圧の原因を解消する手段であるとは限りません。身体のメンテナンスは医師との二人三脚によって実現できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加