健康

2014/11/21

薬は飲みたくない。サプリで動脈硬化を解決できないか?

薬は飲みたくない。サプリで動脈硬化を解決できないか?

手足の違和感が気になって受診し、動脈硬化になりかけていると診断された男性から、薬を飲むよりもサプリメントなどで改善できないかという相談です。

40代男性からの相談:「動脈硬化に効果的なサプリメント」

最近時々手足に違和感があり、病院に行ってみると、血管が狭くなって動脈硬化を起こしかけていると診断されました。すこしずつでもこの症状を改善したいのですが、何か良い方法は無いでしょうか。薬を飲むよりもサプリメントなどで解決できないか考えています。

サプリに頼る前に、食生活の見直しが先決。

手足の違和感は、動脈硬化の初期症状です。ドロドロ血の元凶であるコレステロールを下げる食品を積極的に摂取し、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

動脈硬化は手足の血管が狭くなり、手足先へ十分に酸素や栄養が送れなくなります。初期症状には、現在感じておられる手足の違和感、しびれ感、冷感が現れ、動脈硬化が進行すると心臓病や脳血管障害などの重篤な合併症へとつながります。初期症状での治療方法として、日常生活の改善、運動療法、食事療法が基本になります。(看護師)
血液をさらさらにするため、食生活、生活習慣を見直しましょう。食事は3食、規則的に摂るようにしましょう。(看護師)
水溶性の食物繊維は腸の掃除をしてくれる役割をし、そのため、コレステロールの吸収を抑えてくれます。キャベツ、サツマイモ、玉葱、ゴボウ、アボカド、枝豆、昆布やひじきなどの海藻類、果物などに含まれます。あさりや帆立に含まれるタウリンや、魚に含まれるDHAも効果があるといわれています。(看護師)
また、黒酢やリンゴ酢がコレステロールを下げる効果があることは、よく知られていますが、強い酸性のため、摂りすぎると胃腸や食道粘膜を傷つけることがあるので、注意しましょう。カカオや赤ワイン、コーヒーに含まれるポリフェノールもコレステロールを抑える効果がありますが、これも、摂りすぎには注意しましょう。(看護師)
控えたほうがいい食品はバターやバターを使った洋菓子、牛、豚肉の脂身など高脂肪、動物性脂肪です。まったく食べてはいけないというわけではありませんから、量を減らして、その分、野菜などを多めにとり、バランスのとれた食事を心がけてください。(看護師)

血管を強くする生活習慣作りを。

十分な水分補給や適度な運動、マッサージ、禁煙など、血管を健やかに保つ習慣を取り入れることも大切です。

指先やふくらはぎをマッサージしたり、身体を冷やさないようにして、血液の流れをよくしましょう。身体に負担をかけないウォーキングや軽い運動、体操なども行うといいでしょう。水分も適宜、補給してください。(看護師)
喫煙はされていますか。ニコチンによって血管が狭窄し、動脈硬化を悪化させるので禁煙して下さい。(看護師)
診断された際に、薬を処方された場合は決められた用量に従って内服を行って下さい。内服は動脈硬化に有効な治療となってきます。サプリメントなど考えておられる場合は一度主治医に相談されることをお勧めします。(看護師)

動脈硬化対策に王道なし、やはり基本になるのは毎日の食事や運動のようです。深刻な事態を予防するためには、医師が必要と診断した場合はまじめに服薬することも大切。サプリの併用も良いかもしれませんが、補助的な役割にとどめるのが賢明です。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加