薄毛

2014/11/20

食事とサプリで抜け毛対策に必要な成分をしっかり摂取

食事とサプリで抜け毛対策に必要な成分をしっかり摂取

今回は20代で抜け毛に悩んでいる人からの相談です。抜け毛には、様々な要因が関わっていると言われていますが、具体的にどのような対策をすべきでしょうか。

20代男性の相談:「抜け毛に関しての相談です」

私は20代中盤の男なのですが、2年程前から著しい抜け毛の症状に悩んでいます。毎晩入浴時に髪の毛を洗うのですが、排水口に恐ろしい程の量の抜け毛が絡まっています。肉料理や脂っこい料理が大好きだったので、その影響もあるのかなと思い、食べるのを控えたのですが全く改善しませんでした。この若さで抜け毛に悩んで病院へ行くという選択肢には抵抗を感じているので、ドラッグストア等で売られている市販の抜け毛に効くサプリメントがありましたら是非、教えてほしいです。

摂取すべき成分は様々。足りないものはサプリメントで補うこともあり?

抜け毛を改善するために大切なのは食事です。動物性タンパク質を摂取しすぎると血液機能が低下するため、植物性タンパク質を多く摂取する必要があります。また、ビタミンや亜鉛の摂取も必要不可欠です。ビタミンや亜鉛の摂取を補助するサプリもあるため、体調や飲み合わせを考慮してサプリの摂取も検討しましょう。

血液機能の低下は、抜け毛の原因になりますので、どちらかといえば植物性タンパク質を含んだ髪の毛にいい食べ物を摂取した方が良いと思います。動物性タンパク質は、肉・魚・卵に含まれており、植物性タンパク質は豆腐や納豆、つまり豆類に含まれています。両方バランスよく摂取することが大切ですが、薄毛を含めて健康のことを考えると、植物性タンパク質を多く摂取したほうがよいと思います。(看護師)
ビタミンにはいろいろな種類があるのですが、頭皮環境を整え、髪の毛の正常な成長を促進する働きを持つビタミンとしては、ビタミンB2・B6・ビタミンEです。(看護師)
ビタミンB2が含まれる食べ物として、レバー、青魚、卵、大豆、乳製品、ウナギ。ビタミンB6が含まれる食べ物として肉類、サケ、マグロ、バナナ、ナッツ。ビタミンEが含まれる食べ物として、魚介類、ごま、植物脂があります。ビタミンC類と共に摂取するとより吸収効率が高まるといわれます。(看護師)
ビタミンB2・ビタミンB6は細胞の代謝活動を促進する働きがあります。また、頭皮の皮脂分泌量のコントロールも行うため、乾燥などの要因から、頭部を守るための皮脂分泌を助ける働きがあります。(看護師)
ビタミンEには血管の拡張作用があります。血行不良は頭皮への栄養供給を妨げます。そのため、ビタミンEは、抜け毛予防には効果的です。ビタミンC類と共に摂取するとより吸収効率が高まるといわれます。(看護師)
抜け毛に有効なものとしては、亜鉛があります。亜鉛は、タンパク質を生成するための必要な栄養素で、ミネラルの一種です。亜鉛を豊富に含む食材は限られているため、三大栄養素のなかで一番不足になりがちです。亜鉛が含まれる食べ物として、牡蠣、うなぎ、牛肉(もも肉)、チーズ、レバー(豚・鶏)、卵黄、大豆、納豆、きな粉、豆腐、そば、ゴマ、緑茶、抹茶、カシューナッツ、アーモンド、黒米、赤米があります。(看護師)
タンパク質、ミネラル、ビタミン、亜鉛を含む、オールマイティともいえるような、スピルリナというサプリもあります。もちろん、食べ物からビタミン類や亜鉛が摂取できると良いのですが、すべてを取り入れるのは、難しいと思います。足りない成分を補うために、これらのサプリ上手く利用するというのも、一つの選択肢かもしれません。(看護師)

抜け毛は動物性タンパク質を減らし植物性タンパク質の摂取を心がけ、ビタミンやミネラルも同時に摂取する必要があります。その点、普段の食生活が重要ですが、同時にサプリメント等で足りない成分を補うというのも一つの選択肢として良さそうです。必要なものを多く含んだサプリメントもあるようなので、うまく活用しましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加