健康

2016/11/26

歯が浮くような痛みや違和感に隠された病気とは?

歯が浮くような痛みや違和感に隠された病気とは?

歯が浮くような違和感に苛まれているという相談者さん。このようなケースではどのような原因が考えられるでしょうか。専門家からいくつかの可能性が提示されています。

30代男性からの相談:「歯が浮くような感覚と痛みが酷くなってきて不安です。」

数ヵ月前から歯が浮くような違和感を覚えることがあります。
頻度はそれほど多くなく、月に2~3日という感じです。特に疲れが出た時に症状が出る場合多く、薬を飲むほどではありませんが、軽い痛みを伴うこともあります。鏡で見た感じでは虫歯にはなっていないように思えますし、歯茎の腫れなどもありません。
だんだんと症状が酷くなってきている気がしますので、近いうちに歯医者に行って診てもらおうと考えていますが、どのような治療をされるのかわからなくて不安に思ってます。
このような症状の場合、どのような治療が考えられるかを教えていただきたいです。

似た質問もチェックしてみましょう
>>たびたび起こる、歯茎からの出血…早く処置が必要?

歯が浮くような違和感がある時に考えられることとは

専門家によると、相談者さんの症状からはいくつかの原因が考えられるそうです。

症状から推測するに「歯周病」「歯根膜炎」の可能性が高いと考えられます。疲れが出たときに発症する、軽い痛みを伴うこともあるとのことですが、それはいつも決まった歯に起こりますか?(歯科衛生士)
一見、歯肉に異常が無いようでも、実は歯周病や虫歯が進行しているのかもしれません。(歯科医)
神経を取って処置をしてある歯であれば、歯根の先に細菌が繁殖して膿が溜まっているということも考えられます。歯や歯の周りに異常があれば、それに対する処置を進めます。(歯科医)

噛み合わせが原因になるケースも

歯の病気のほかに、歯の構造自体が違和感を生み出している場合があるといます。

噛み合わせが強い部分や、噛み癖のある部分などは、疲れがたまっている時や寝不足の時などに、歯根膜炎と言って歯の根の膜が炎症し、痛みや違和感を生じることがあります。(歯科衛生士)
歯周病でも同じような症状が出ることがあります。このような場合には、歯周病であれば歯のクリーニング、歯周病の検査、歯根膜炎であれば、必要に応じて咬合調整、マウスピース治療が行われます。(歯科衛生士)
どちらにせよ、治療としては大掛かりなものではないのでご安心ください。ただし、痛みを感じる歯が神経を取られている歯である場合には根尖病巣と言って歯の根の先端に膿がたまっているという可能性もありますので、早目に歯科医院を受診されることをお勧めします。(歯科衛生士)

ナイトガードが改善策となる?

歯ぎしりがあるようなら、改善策があります、専門家がすすめるナイトガードというものです。詳しく見ていきましょう。

ストレスで噛みしめる癖があったり、夜中に歯ぎしりをしたり、といったことがありませんか? もしそうであれば、それが原因かもしれません。過度の歯ぎしりに対しては、ナイトガードというアメリカンフトボールなどのスポーツで使うマウスガードのようなものを、お口の型を採って作成し、寝る時に装着してもらうことが多いです。(歯科医)
虫歯や歯の根の治療が必要であれば、歯の形が変わってしまうので、ナイトガードを作る前に処置します。(歯科医)

口の中は非常にセンシティブになっています。ちょっとした違和感が日々のストレスに繋がってしまうでしょう。歯の違和感の正体は数多くありますので、しっかりと原因究明を行っていくのが先決だといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加