薄毛

2016/11/25

副作用のリスクなく最も効果的に薄毛を改善する方法を徹底分析*

副作用のリスクなく最も効果的に薄毛を改善する方法を徹底分析*

薄毛の原因は?

薄毛になる原因は様々ですが、生活習慣による部分がかなり大きいと思われます。

偏った食事・肉類や脂っこいものをとりすぎるなどの生活習慣により、血中コレステロール値が高くなりいわゆる ドロドロ血になってしまい、末端の頭皮まで血液が流れなくなり、毛髪に十分に栄養が行き渡らなくなります。

また、タバコのニコチンは血管を収縮させる働きがあるため、薄毛の原因にもなります。 無理なダイエットで薄毛が進行することもあります。

血行が悪くなったり毛穴が汚れなどで詰まったりすると毛髪の成長期間が短くなり、毛髪が成長しきらないまま抜けていってしまい薄毛の箇所が目立っていくようになってしまいます。


薄毛を治すにはどうすればいい?

薄毛の改善にはこのヘアサイクルの乱れを正常に戻すことが重要です。

そして、自分の薄毛の原因を把握することが大切です。

ヘアサイクルを正常の状態に戻すにはまずは頭皮環境を整え、毛根に十分な栄養と酸素が行き渡るように改善してく必要があります。

問題となっている生活習慣の改善や頭皮のマッサージといった対策 を行っていきます。

そのうえ、育毛剤や育毛シャンプーといったものを利用して血流を促進し 毛穴詰まりをなくすことによって、より毛髪が成長しやすい環境を作っていきます。


どういった育毛剤がいいのか?

育毛剤は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分けられ、「プロペシア」や「ミノキシジル」「フィナステリド」などは医薬品に分類されます。しかし、これらは効果は高いものの薬のため副作用がつきものです。

具体的には肝機能障害や性機能障害、精神障害といったものが少なからず現れるリスクがあります。

また、育毛剤の中にはシリコン・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・タール系色素、合成香料、酸化防止剤などといった頭皮に悪影響を及ぼす添加物が含まれているものもあります。

これらのものを考慮すると、生薬など植物性成分中心の医薬部外品の育毛剤が最もリスクがなく 効果が高いものと考えられます。

次は薄毛解消のカギと なる有効な育毛剤にスポットをあてて 自宅でできる頭皮ケアを見ていきましょう。



1日たった約17円で薄毛改善!

生活習慣を改善し頭皮環境を整えたらあとは毛髪に栄養を行き渡らせることができれば薄毛は改善します。

厚労省から認可された医薬部外品で添加物不使用、6種類の和漢有効成分から作られた「薬用オメガプロ」が今薄毛に悩む人々の間でひそかに話題になっています。


■6種類の和漢有効成分

・センブリエキスが血行促進

強烈な苦味成分が育毛力の根源となるセコイリドイド配糖体です。
これにより血行促進する効果があり、毛根にしっかりと栄養をとどけ毛髪をしっかり成長させます。

・カンゾウエキスで酸素供給

カンゾウエキスに含まれるグリチルリチン酸2Kにより、毛穴から分泌される過剰な皮脂を除去。
毛穴の風通しを良くし、髪の成長に必要な酸素を十分届くように頭皮環境を整えます。

・頭皮に潤いを与えるゲンチアナエキス

ゲンチオピクリンやアマロゲンチンなどの配糖体を多く含み、これらにより感想で硬くなった頭皮に
潤いを与え、有効成分が行き渡りやすいやわらかい皮膚へと改善します。

・頭皮のキメを整える白樺エキス

タンニンやフラボノイド、ビタミンを多く含む白樺エキスによって皮膚のキメを整え、有効成分が浸透しやすく 毛髪が成長しやすい頭皮環境に変化させます。

・毛髪に必要な栄養を与えるジオウエキス

髪を作っているアミノ酸類を多く含み、髪に必要な栄養素を与えることで髪の成長をサポートします。

・頭皮を守るビワ葉エキス

収れん効果のあるタンニンやサポニンといった成分を含むビワ葉エキスで皮膚を引き締め、有効成分を逃さず 頭皮の深くまで浸透させます。


■ローションタイプに比べ180%の浸透率を誇る

「濃グリセリン」という脂質の一種を基材としているため、頭皮との親和性が高いため 頭皮のリン脂質とよばれる油分で構成された細胞膜に弾かれることなく頭皮細胞の奥深くまで浸透することができます。


■密着ジェルタイプによって頭皮に有効成分をとどまらせる

ローションタイプの育毛剤は液だれや蒸発によって頭皮に有効成分がとどまらずその効果を十分に発揮することができませんでした。
液だれしにくいジェルという形状、蒸発しにくい基材を使用することによって、有効成分が毛根に届き浸透するまで頭皮に密着 させることが可能になりました。

実際に使ってみた人の体験談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加