健康

2016/11/23

安物のサプリの方が効果がある場合がある?!

安物のサプリの方が効果がある場合がある?!

安いサプリと高いサプリでは、どちらが効果が高いのでしょうか。高いサプリには天然由来の成分が多く含まれて、身体にはよさそうです。今回は、いいサプリを見分けるための方法をご紹介します。

30代男性からの相談:「100円ショップで売っているサプリと普通のサプリの違いは?」

私はサプリメントを買いたいのですが、お金がなくてテレビショッピングでやっていたり、芸能人がお勧めするような高いサプリメントを買うことが出来ません。
たまに100円ショップでもサプリメントを売っているのを見かけます。健康食品や化粧品は広告宣伝費が莫大にかかっていて、実際は原価はそれほど高くないとも聞きますが、サプリメントも同じようにテレビや広告代が高くつくためにお値段が高いだけで実際のところ、広告宣伝費をかけていないと思われる100円ショップのサプリメントを飲んでも効果は同じなのでしょうか?
教えていただけるとありがたいです。

似た質問もチェックしてみましょう
>>服用しやすいサプリメント…飲み合わせによっては悪影響も?!

高いから効果が高いというわけではない

専門家によれば、サプリの品質が重要になってくるといいます。そのうえで、高いから効果が高いというわけではないというお話をしていただきました。

同じようなサプリメントでも、100円ショップで売っているのと薬局などで売っているものがあると何が違うの?と思ってしまいますよね。(看護師)
広告を行っている商品と100円ショップのものの効果について、一概に同じとも違うとも言えません。広告宣伝費以外の、製品の品質自体についてもしっかり重視されているかはよく注意しましょう。同じビタミンCという成分のサプリメントだとしても、その原材料によってビタミンCの純度や添加物の種類、量が全然違います。(薬剤師)
医薬品などでは、製品の製造工程によっても効果に差が出る場合もよくあります。安い、高いだけでは効果は判断できません。(薬剤師)
安いから悪いとか高いからいいというわけではありません。(看護師)

安い方が効果があったというケースも

サプリに使われている成分によっては、高いサプリがほとんど効果的でなかったのに対して、100円で買ったものの方がよく聞いたというケースもあったといいます。その理由は何なのでしょうか。

人によっては100円ショップで売っているサプリメントの方が効果があったという場合もあります。全く効果がないわけではなく、その人に合った成分や値段ではないために効果が出にくかったということなのです。(看護師)
なぜ値段が違うのかというと、使われている素材や成分、量などが違うのです。素材というのは、中身が違うのではなく天然か合成なのかということです。(看護師)

サプリは継続させられなければ意味がない

いくら効果が高いサプリでも継続して飲むことができなければ、結果的に健康にいいとは言えないといいます。いいサプリを選ぶためのポイントをお聞きしましたので、ご紹介しましょう。

天然のものがいいと思いがちですが、サプリメントは長期間続かなくては意味がありません。天然のものになると高いので、続かないようであれば100円ショップのように安いサプリメントを続けることで効果はあります。(看護師)
品質の良いサプリメントを選ぶポイントとしては、原材料や添加物、製造法などをHPなどでしっかり情報公開をしているもの、問合せ先として、お客様相談室のフリーダイヤルなどが記載されているものが信頼できるメーカーです。(薬剤師)

いいサプリとそうでないサプリを見分けるのに値段を基準にするのは得策とはいえません。しっかりと成分を比較して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。身体にいいものを選ぼうという時に、値段のみを基準にするというような楽な方法をとると、それがのちにしっぺ返しになってしまうこともあります。注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加