メンタル

2016/11/21

眠れない人必見! 睡眠薬に頼らない新たな不眠症の改善法とは?*

眠れない人必見! 睡眠薬に頼らない新たな不眠症の改善法とは?*

夜中に何度も目が覚める・寝ても疲れが取れない原因は?

夜中になかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める、朝なかなか起きれない、寝ても疲れが取れない、二度寝してしまう・・・

といったお悩みを抱えている方は現代ではとても多いようです。

■精神的要因

睡眠障害の原因は第一に挙げられるのがストレスではないでしょうか。

仕事での悩みや人間関係、住んでいる環境など様々な要因があると思います。ストレスは自分で自覚がなくても 自然と受けていて身体に影響が出てしまうこともあります。


■生活習慣

また体内時計の乱れも睡眠障害に繋がってしまうようです。

夜勤などで時間帯が不規則な生活を送っている方や休みの間に昼夜逆転した生活を送ってしまっている方など
体内時計が狂うことにより今までのような睡眠がとれなくなってしまうということもあります。


■嗜好品

眠りにつく前にコーヒーや紅茶、お茶などに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチンなどの覚醒作用のある
成分を摂取することによって眠りにつけなくなることもあります。

また、寝付けないために寝酒をすることも 睡眠の質を下げ、眠りが浅くなってしまい中途覚醒をする原因にもなります。


その他、病気による咳やかゆみ、頻尿、うつ病などの症状により眠りを阻害されてしまうこともあります。

必ずしも原因は1つだけではなく、心身様々な要因が重なって不眠になっていることが多いのでなかなか改善できずに いる方が多いのではないでしょうか。


睡眠障害を起こすとどのような影響が出る?

■日常生活に影響が出る

睡眠が満足に取れないとまず、朝起きれない、寝ても疲れが取れないといった症状が出ます。

日中、集中力が切れてしまったり、倦怠感食欲不振頭痛などといった日常生活にも影響してきます。


■慢性的な不眠は精神病の危険も

さらに寝不足が続くと、免疫力が低下して病気になりやすくなり体調を崩しやすくなります。

自律神経が乱れ、睡眠が足りないと交感神経が副交感神経より優位になり、体が常に緊張状態になり より寝付けなかったり、夜中に目が覚めてしまうといった悪循環を生んでしまうのです。

それにより自律神経失調症鬱病などといった精神病にもかかってしまう危険性があります。


睡眠障害を改善するには?

睡眠障害を改善するにはストレスを感じている要因、生活習慣の改善、嗜好品をやめるといったことが必要ですが すでにこれをお読みになっている方々は

「職場を辞められない、要因となっている人との関わりを切るに切れない、嗜好品をやめる ことでそれがまたストレスになり不眠になる」

といったようなそれらの要因をなかなか改善できず、睡眠障害の悪循環に 陥っている方が多いのではないでしょうか。

また睡眠薬や睡眠導入剤といった薬で改善する方法もありますが、 睡眠薬には依存性があり体への負担が大きくあまり芳しくありません。

そこでオススメしたいのは睡眠サポートサプリを使用して改善していく方法です。

>>>不眠解消サプリを見てみる

睡眠サポートサプリとは?

睡眠サポートサプリとは医薬品ではなく、睡眠の質を上げる有効成分をサプリメントとして摂取するもので 睡眠薬によくある副作用として

強い依存性がある肝臓に負担がかかる効果が効きすぎてしまい日中も眠い

などといった悪影響などは一切ございません。身体に負担をかけずにおだやかに睡眠をサポートすることができます。

この睡眠サポートアプリ「爽眠α」には、睡眠改善効果のある「L-テアニン」が200mg配合されており、脳の興奮 を抑えて神経を沈静化する効果により入眠後の中途覚醒や起床時の疲労感・眠気の解消をサポートします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加