健康

2016/11/17

高血圧になってしまう原因は? 血圧を下げるにはどうすればいいのか?*

高血圧になってしまう原因は? 血圧を下げるにはどうすればいいのか?*

若い頃は全然気にしていなかったのに、今では健康診断のたびに気になってしまう血圧。ここでは、これまで専門家の方々にお聞きした内容を振り返ってまいります。血圧の原因と対処法をチェックしていきましょう。

そもそも、なぜ血圧は高くなってしまうのか

高血圧の原因は遺伝的な要因もあるものの、多くは日常の生活の中にあります。

日々摂取している栄養素が蓄積して高血圧を引き起こしている場合もあるのです。

こうした毎日の習慣の中で積み重ねてきたものは、1日や2日ですぐに解消できないもの。

高血圧による疾病リスクは多岐にわたります。特に、心臓の病気は命に関わる危険性もあります。

改善すべき生活習慣を見逃してしまったり、目も向けなかったことで取り返しのつかない事態に陥ることも考えられるのです。

高血圧で悩んでいる場合には、高血圧になってしまう原因をしっかりと突き止めて対策を講じていく必要があるでしょう。

高血圧の原因についてはこちらの記事をご覧ください。

>>高血圧の原因は生活習慣にあり!今日からできる5つの予防法

血圧を下げる方法にはどんなものがあるのか

血圧を下げようと思っても、やみくもに何かをするのは得策とはいえません。しっかりとした知識と正しい方法で対策を講じていく必要があるのです。

高血圧を改善するために、いつから動き出せばいいのでしょうか?

答えは平均体重+10kgになった時です。

肥満は高血圧の引金になります。単純に膨れ上がった筋肉やぜい肉によって血管が圧迫されるということもありますが、肥満化することでコレステロールが高まり、動脈硬化が進行しているケースもあるのです。

高血圧を改善するには、一般的に「健康的」と考えられている生活を送ることが必要になってきます。

では、その「健康的」な生活とはいったいどのようなものなのでしょうか。

>>血圧を下げるには食事改善と運動…平均体重+10kgなら減量を

血圧を下げる食べ物は?

毎日の食生活が高血圧を引き起こしてしまったのだとしたら、同じように食生活からアプローチすることで血圧を改善していくこともできるかもしれません。

ただし、食事による対策は即効性のある対処法ではありません。長い目で見て、継続して行っていくことが大切です。

高血圧を改善する食事では、和食が紹介されることが多いことにお気づきでしょうか。

和食が血圧にいいといわれるのは、海と山の幸をふんだんに使っていることが要因です。

血圧を下げる食材が、和食の中心なのです。

>>血圧を下げる食材はどんなもの?

血圧を下げる飲み物は?

人体に必要な水。飲んだ水はどこに行くのでしょうか。

取り入れた水分は一度血液に取り込まれます。水を飲むと血液は薄まっていくのです。

水分を摂りすぎることによって起こる水中毒は、血液が薄まり低ナトリウム血症になることで起こるといわれています。

取り入れた水が血液に取り込まれるのであれば、飲み物ならば血液や血管に作用する公算も増えるでしょう。

血圧を下げる飲み物には以下のようなものがあります。

>>血圧を下げるお茶。飲むならどんなものがよい?

血圧を下げるサプリは?

食事から高血圧を改善しようと思っても、なかなか効率よくいくものではありません。

サプリメントとは、不足しがちな栄養素を補うための健康食品です。

サプリメントは、薬のように即効性はありません、しかし、栄養素を補給するのには適しています。

では、そのようなサプリメント、つまり栄養を摂取すれば高血圧は改善していくのでしょうか。

自分に合ったサプリメントを探し、継続していきましょう。

>>血圧を下げるには、どんなサプリを飲んだらよいのか?

血圧を下げる方法を中心に見てまいりました。どの場合でもいえるのは、いくつかある血圧改善法をどれかひとつではなく、同時に併行していくべきだということです。身体の内と外からいい影響を与えていくことで、相乗効果が生まれ改善のスピードも上がっていくかもしれません。高血圧はこれまでの生活の結実したものです。改めて今までの生活を振り返り、改善点をリストアップしていきましょう。血圧改善に近道はありませんが、日々継続していくことで結果は現れてくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加