メンタル

2016/11/19

毎晩夢を見るのはストレスが溜まっている証拠! ストレスを解消しよう

毎晩夢を見るのはストレスが溜まっている証拠! ストレスを解消しよう

毎晩夢を見るのはいいことなのでしょうか。それともよくないことなのでしょうか。夢を見るということは、身体の異常と関係があるのでしょうか。この場合、どのような対策を講じればいいのでしょうか。

30代男性からの相談:「必ず夢を見るのは、睡眠の質が悪いからですか?」

数年前からの悩みなんですが睡眠時に毎晩必ず夢を見ます。
しかも夢を見て途中で目が覚めて眠りについたらまたすぐ違う夢を見ます。休日など昼寝をするときがありますが、昼寝の短時間の睡眠でも夢を見ます。
しかしこれだけ毎晩夢を見ても怖い夢は全くと言っていいほど見ません。これはほっといてもいいものなのか悩んでいます。
ただ睡眠の質が悪いだけなのか、どこか体に異常があるんではないだろうか考えてしまうんですが何かアドバイスお願いします。

浅い眠りの時に人は夢を見る

眠りには2つのパターンがあります。一つはレム睡眠、もう一つはノンレム睡眠。では、この2つはどのようなものなのでしょうか。

朝目覚めた時、あなたは疲れていますか? それとも夢は覚えているけれど、特に日常生活に支障はないのでしょうか。もし、生活に支障がなければ、夢を見ることに問題はなく、レム睡眠の状態が長いだけなのだと思います。(看護師)
レム睡眠は、体はリラックスしているのですが、脳の活動や活発に働いている状態の睡眠で、誰もがこのレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。(看護師)
睡眠はレム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)とに分かれており、通常は、1晩にレム睡眠とノンレム睡眠を3~4回繰り返します。(医師)
レム睡眠は、体は休んでいるのに脳は働いている状態で、夢をみるのは、レム睡眠の時です。(医師)

夢は情報整理の副産物

新しいことを始めたタイミングは夢を見ることが多いようです。その理由について専門家にお聞きしました。

レム睡眠は、記憶や情報・思考などを整理・統合している時間ともいわれています。最近、新しいことを始めたり、仕事が変わって覚えることが増えた場合には、レム睡眠の活動が盛んになっているのかもしれません。(看護師)
特に夢を見るレム睡眠は、深い眠りをとった後に割合が多くなる傾向があるようです。睡眠時間もとれ、十分に疲れが取れている状態なら、夢を見ることを覚えていても問題ないと思います。安心してください。(看護師)

毎晩夢を見るにはストレスが蓄積しているから

ストレスは無意識のうちに積み重なっていくものです。夢とは、そうした無意識からのメッセージを引き出すのに役立ちます。毎晩夢を見る場合は、ストレスにさらされていないかどうか日々を見直してみましょう。

毎晩、夢を見ること自体は、夢遊病などの睡眠時行動異常や睡眠が浅いために、日中、疲れが取れておらず、眠くなるなど生活に支障がある場合を除いては問題ありませんが、内容に関しては、ストレスとの関係性があり、心地よい夢を毎晩みる場合は、自分では自覚していなくても、ストレスが相当溜まっていると考えます。(医師)
病気ではありませんが、毎晩夢をみるのは、ストレスが溜まっている証拠と考え、リラックスできる音楽を聴くとか、体を動かすなどのストレス発散を行うのが良いかと思います。(医師)

夢はフロイトの時代から何らかのメッセージを発していると考えられてきました。夢占いなどはその最たるものです。しかし、医学的には毎晩夢を見るのはストレスが蓄積している可能性を示唆するものです。夢から心の危険信号を見出すことができれば、精神的な健康を取り戻すこともできるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加