メンタル

2016/11/17

内向的な性格は改善することができる! 社交的になるためには

内向的な性格は改善することができる! 社交的になるためには

中学生の頃にいじめられ、それ以来対人恐怖症に陥ってしまったという相談者さん。しかし、そんな自分を変えようと努力しています。社交的になりたい時に、どのような事に気をつけていけばいいのでしょうか。

20代男性からの相談:「社交的になるのはどうすればいいのでしょうか?」

私は子供の頃からあまり人と話すのが得意ではなく、やや内向的な傾向だったのですが、中学生の頃にいじめで不登校になった経験から悪化してしまい、対人恐怖症といっても過言ではない状態となってしまいました。
それからだいぶ経ち、ある程度は改善されたと思うのですが、今でも人と話すのは苦手ですし、初対面の方やあまり親しくない人と接するのが苦手です。
こういった状況を改善し、少しでも社交的になるためには具体的にどういったことをすればいいのか教えてください。

会話の質を上げていくことで自信につながる

社交的になるためには円滑なコミュニケーション能力が必要になってきます。人との接し方を日々試していくことで、次第に改善していくことができるかもしれません。

社交的になるためには、よく話すようになることが大切となります。よく、周りに人が集まる人がいますがこれは、ほとんどがおしゃべりの方が多いです。(看護師)
もちろん、面白い人の会話をする人とは長く話したいですから、そのような状況になるのは必然なのです。一日二日でこのようになることはできませんが、日頃から面白いことはないか、この会話はなぜ盛り上がらなかったのかを検討しながら毎日過ごしていると自然と社交的になっていると思われます。(看護師)

避け続けるのは対人恐怖症を悪化させる

多くの人と接し、試行錯誤を繰り返すことで、自分だけの人との接し方を手に入れることができます。そこに近道はありません。

対人恐怖症の方のほとんどは、人と接する事が苦手ですので、極力、人と接する場面を避けて生活しておられます。ですが、苦手だからと言って避けてばかりいると結局、苦手を克服することはできず、逆に、余計に苦手意識を持ってしまう事になってしまいます。(医師)
対人恐怖症を克服するためには、できるだけ人と接する事が必要になります。苦手で嫌だと思う場面でも、あえて挑戦することが苦手を克服することにつながっていきます。(医師)

話しやすい人から距離を縮めていこう

苦手意識のない人を中心に関係を築いていくのもいい手です。自分のホームになるような環境を作っていくことができれば、それが自信につながっていくでしょう。

人と接する事が苦手と言っても、人によって苦手度が違うはずですので、まずは、苦手度が低い人をターゲットにし、あいさつ程度の会話でも構いませんので、苦手度が低い人と話す事を目標にして取り組んでみてはどうでしょうか?(医師)
慣れてきたら、徐々に、会話の量を増やしていくとか、苦手度の高い人にもあいさつで構わないので話しかけてみるとかしてみてはどうかと思います。(医師)
自然と会話できる状況を作るために積極的に様々なイベントに参加するといいです。まずは、好きなイベントから始めるといいです。同じ方向性の人との会話は盛り上がりやすく気持ちも楽になるのでおすすめです。(看護師)

社交的になりたいのであれば「頭の中の他人」と話をしないようにしましょう。自分の中で答えのないやりとりを続けていくと、心が消耗されてしまいます。目の前にいる他人と話をすることで、あなたの心のもやもやは晴れていくでしょう。一つ一つをクリアにしていくことが、あなたの心の闇を照らし、恐怖に打ち克つ日を引き寄せてくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加