体臭

2014/11/17

頭皮の臭いを抑えるには、シャンプーで効果的な予防を!

頭皮の臭いを抑えるには、シャンプーで効果的な予防を!

きちんとシャンプーしているのになぜか気になる頭の臭い。頭の臭いはなぜ取れないのでしょうか?そこには意外な原因があるようです。キレイ好きな人ほど陥りやすい落とし穴。臭いを抑える正しい方法はないものでしょうか?

50代男性からの相談:「シャンプー後も臭う頭について」

最近、髪の毛がべたついて、シャンプー後、髪が乾いても臭いが気になります。妻の枕と比べると、私の方が明らかに黄色くなっています。夏の間は頭皮に今までとは違う脂っぽさがあり、黄ばみの原因はこれではないかと思うのですが、頭皮の臭いを抑えるいい方法はありますか?

皮脂が出やすい頭だが、洗いすぎは逆効果。シャンプーは頭皮にやさしいタイプを。

身体の中でも皮脂が分泌されやすい頭ですが、意外にも洗いすぎはよくない、と指摘する声があがりました。頭皮にやさしいシャンプーで必要以上に皮脂を落とさないよう気をつけることが大事です。

男性ホルモンの影響や、女性より老廃物の分泌が多いことで、頭皮の臭いや体臭が気になる男性は多いです。特に、頭は身体の「皮脂分泌の多い部分ベスト5」です。 皮脂そのものだけでなく、皮脂の脂肪酸の酸化や、皮膚の表面の常在菌による分解、ほこりや雑菌の繁殖などの影響もあります。(看護師)
頭皮がべたつく原因のひとつに、皮脂の洗い落としすぎが考えられます。洗浄力の強いシャンプー(ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸が入っているもの)だと、必要以上に頭皮の皮脂を落として皮膚を乾燥させるため、かえって大量の皮脂が分泌され、頭皮がべたつくことがあります。アミノ酸系の低刺激のシャンプーを使用しましょう。
また、空気中の雑菌が結びついて臭いを発する可能性がある整髪料の使用も控えましょう。(看護師)

臭い予防に効果的なシャンプー法を。食べ物にも気をつけ、腸内環境を整えよう。

臭いを防ぐにはより効果的なシャンプー法の実践がよさそうです。脂っこい食べ物は避け、禁酒禁煙を心がけるなど生活習慣も改善していきましょう。

お湯で髪の汚れはほとんど取れるので、シャンプーする前にたっぷりのお湯で頭全体を流します。シャンプーは手でしっかりと泡立てて後頭部から頭皮をマッサージするように洗います。洗い残しは雑菌が繁殖する元なので十分に洗い流しましょう。リンスやトリートメントは髪につけます。
洗髪後はドライヤーで頭皮も乾かすようにしっかり乾かして。しめっていると菌が繁殖しやすいです。(看護師)
動物性たんぱく質や脂質は悪臭の元になりやすいです。脂っこい食べ物を控え、野菜や果物、魚類、海藻などバランスのとれた食事で腸内環境を整えると体臭予防になります。 飲酒喫煙も控えましょう。(看護師)
頭皮のマッサージも頭皮の血行や代謝をよくし、臭いを防ぎます。 両耳の上に親指をあて、頭の上や側面に人差し指と中指の腹を固定して頭皮を前後、左右にゆっくり動かします。指の位置を変えながら2~3分行います。 ヘッドスパや、床屋さんで洗ってもらうのもいいですね。(看護師)

しっかり洗うのがよいと思ってしまいがちですが、かえって臭いの原因となるようですね。正しいシャンプー法を心がけるとともに、日常生活の中でできることを一つずつ実践していきましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加