多汗症

2014/11/16

足汗による蒸れに何か対策はあるのでしょうか?

足汗による蒸れに何か対策はあるのでしょうか?

工事現場や工場内などの建設業、メーカーには欠かせない安全靴。しかし、安全靴は安全である一方で、空気の逃げ場が無く、蒸れやすいというデメリットもあります。仕事上、安全靴を履くために、足汗に悩んでおられる男性からの相談です。

30代男性からの相談:「足汗対策について」

足の裏に汗をかきます。仕事柄安全靴を履くのですが、靴の中で音がするほどの汗をかいてしまいます。靴下も履いているのですが、靴下の中で足がすべります。クリームを塗る対策をしているのですが、滑りが気になります。他に何かいい解消法はないでしょうか。

足には汗腺が多いので、汗が発散されやすい環境作りを。

足には多くの汗腺が存在し、汗をかきやすいのです。そのため、普段のお風呂でも固形せっけんを使うなどして、蒸れを防ぐ環境づくりも重要です。

足には汗をかく汗腺が多く存在します。もともと汗をかきやすい場所なのです。そのため日常的なケアが大切です。 足を洗う際には保湿成分の多いボディーソープではなく、固形せっけんなどを使用することをお勧めします。保湿成分が足に残ってしまうと、汗が発散されにくくなり蒸れの原因になります。やさしく手でマッサージするように洗ってください。(看護師)

普段の生活内でも足の蒸れ対策が可能。

靴下などの中での蒸れを防ぐために、家庭内では素足で過ごすことも対策として考えられます。冬など寒い場合は、5本指ソックスにすることで肌同士の蒸れも防止できます。

足の蒸れを防ぐためにも、普段は素足で過ごすことも大切です。寒いときは無理をする必要はありませんが、蒸れを防ぐためにも素足、サンダル、スリッパなどが良いです。靴下をはく場合は5本指ソックスがお勧めです。指の間に布地を挟むため、肌同士の蒸れを防ぐ効果があります。換えも用意しておいて、途中で履き替えるといった工夫も必要です。(看護師)

靴の中で蒸れを感じてしまうと、いざ靴を脱ぐ際に臭いなど気にかかることが多くなってしまいます。また、蒸れが続くことにより水虫を意識してしまう方もいらっしゃるかもしれません。普段の生活で取り入れることができることも多いようですので、参考にしてみてください。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加