薄毛

2016/11/14

【薄毛必読】発毛効果が違う‼シャンプーと頭皮ケアの関係とは*

【薄毛必読】発毛効果が違う‼シャンプーと頭皮ケアの関係とは*

薄毛ってやっぱり嫌ですよね。

見た目の印象も変わりますし、周囲の人、特に女性からの目線は余計に気になってしまい、やっぱり何とかしたいと思いますよね。

過去に育毛シャンプーや育毛剤、育毛ブラシを試して見たけど、期待した効果が得られず、時間とお金だけが掛かって損した経験ってありませんか。

しかし、効果を得られなかった方は毎日の頭皮ケアに原因があったのかもしれません。発毛効果を効率よく得るためにはシャンプーと頭皮ケアの『仕方』に実は秘密が隠されています。

育毛生活で効果を得るには正しいシャンプーと頭皮ケアの両方がとても密接に関わっており非常に大切な事なのです。例えば、畑に置き換えて考えてみて下さい。畑は土の環境が悪ければ種を撒いても栄養を与えても野菜は育ちません。つまり、頭皮の環境が悪ければどんなに素晴らしい育毛剤や育毛シャンプーを使用しても良い効果は得られないのです。

ここでは抜け毛や脱毛が進み、薄毛に悩んでいるあなたのために、正しいシャンプーの仕方とその後の頭皮ケアについて、その重要性と得られる効果を徹底的に紹介していきます。


間違いだらけ!正しいシャンプーの方法は?

抜け毛が増えたなどの悩みを抱え育毛シャンプーや育毛剤等の育毛商品を買ってみたけど効果がないな、全然改善しないなとがっかりして、結局薄毛になってしまった人も沢山いると思います。

しかし、効果が感じられない原因の一つは育毛医薬品ではなく毎日のシャンプーの仕方に原因があったのかもしれません。

Young happy smiling man washing hair.

■育毛医薬品の効果を感じない理由

薄毛に悩む方は育毛シャンプーや発毛剤を買って仕様書通りに使えば謳われている効果が期待できると思っている方が大半です。

しかし、それは間違いです

どんな医薬品もそうですが人によってその効果は変わります。それは、日頃の皮膚への手入れや生活習慣、食生活によっても効果が左右するためです。

効果を感じる人は日頃から頭皮の環境を整えるための手入れが正しくされていて、逆に効果を感じない人は正しくされていないということです。

■シャンプーの仕方でどうして薄毛対策・発毛効果に繋がるのか

薄毛対策・改善のポイントの1つとして日頃の洗髪が挙げられますよね。

誰でも毎日お風呂に入り1日の体の汚れを洗い流します。その際に頭を洗いますが、薄毛のあなた!綺麗に洗うために爪を立ててゴシゴシ洗ってはいませんか?

髪の毛には毛周期というものがあり、一度抜けると次に生えるまでにサイクルがあります。

そして、新しく生えてきた毛は新生毛と呼ばれるのですが、これは強くゴシゴシされてしまうとすぐに抜けてしまします。そのため、汚れや油を落とそうと、爪を立てて念入りに頭洗いをする事は新生毛を抜く行為となります。これではせっかく生えた毛の芽を摘んでしまうので、発毛の逆効果になってしまいます。

また、育毛医薬品を使って頭を洗う際も同様です。

冒頭で先述しましたが、頭皮は畑と似ています。髪の毛は言わば野菜と同じです。野菜は良質な土の下、良質な野菜が育つのです。

corn field. close-up

そのため、過度に頭皮マッサージをして浸透させようとしても、逆に皮膚を傷つけて効果を後退させてしまいます。

頭皮の毛母細胞をしっかり活性化させて血行促進は図るには、畑を耕すように、まずは頭を揉むように頭皮をゆっくりほぐし、浸透しやすい頭皮の環境を作ることが大切です。

■薄毛にならないための髪の毛の洗い方

薄毛予防のために頭を洗う時には“4ステップ”行います。

ステップ1:お湯洗い

まず初めに、お湯の温度は38℃にしましょう。熱すぎは頭皮を傷つけてしまい逆効果になるのでこの温度をマックスと念頭に入れておきましょう。

それから、髪や地肌についている汚れをしっかりと満遍なく流し落としていきます。

%e3%81%8a%e6%b9%af%e6%b4%97%e3%81%84

実はこのお湯洗いが非常に大切なのです。

シャンプーの泡立ちが悪く何回もシャンプーを足してはいませんか?それは、シャンプーの使い過ぎです。

シャンプーは1プッシュで女性の髪の毛のボブくらいまでは洗えるのです。なので、男性の髪には1プッシュでも全然多いくらいなのです。

また、シャンプーの使い過ぎはそれだけ頭皮に刺激成分を与えているので頭皮を傷つける原因にもなります。

美容院なんかではシャンプー前に1-2分最初にお湯洗いしていますよね。それは、お湯洗いは髪の毛全体に十分な水分を与えるだけでなく、頭皮の汚れの7-8割を落とすのでシャンプーした時の泡立ちが全然よくなるためです。

決して多量の洗髪剤を使っているわけではありません。

お湯洗いはシャンプー前の土台作りと言えるためしっかりと行いましょう。

ステップ2:メインシャンプー

メインシャンプーでは、適量のシャンプーをしっかりと手のひらで泡立ててから髪の毛を洗っていきます。この“泡立出てから”というのがとても大切です。

シャンプーを頭皮に直接付けるとそこから泡立てをするため、余計に毛や頭皮を摩擦してダメージを与えてしまい抜け毛の原因になります。

又、泡立ち効果も非常に悪くなり、シャンプーを多量に使う原因にもなります。なので、しっかりと泡立ててから効果的にシャンプーをしましょう。

洗う際は爪ではなく指の腹を使い、頭皮が動くように2分程度揉むようにマッサージして湯洗いと同じくらいの時間を掛けて念入りに洗い流しましょう。この際、新生毛を抜かないように強くやり過ぎないように注意しましょう。

ステップ3:セカンドシャンプー

次は、先ほどより少量のシャンプーで、指頭を使って頭皮を小まめに満遍なく洗い、メインシャンプーで落ち切らなかった汚れを取り除いていきましょう。

洗い終わったら、シャンプーのカスが頭皮に残らないように注意して同じように時間を掛けて洗い流します。シャンプーの洗い残しはフケを発生させ、抜け毛の原因となります。

また、セカンドシャンプーは主に整髪料を使う男性におすすめしています。普段着けない人はメインシャンプーだけでも充分な洗髪効果があると思いいますのでスキップしても良いでしょう。

ステップ4:コンディショナー

コンディショナーは適量をとり、地肌に当たらないように髪だけに付けるようにつけていきましょう。

全体に付け終わったらこれまでと同様にお湯洗いと同じくらいの時間を掛けてキレイにしっかりと洗い流します。


このように、シャンプーの仕方1つ変えるだけで新生毛を護り、頭皮を綺麗に洗い流すことで薄毛の予防になるのです。

また、頭皮は非常にデリケートです。自然乾燥は頭皮を乾燥させフケや肌荒れを招き、抜け毛の原因になります。お風呂上がりはしっかりとタオルドライで水分をふき取りドライヤーを使って乾かすのがコツです。

そうする事で、頭皮の細菌の繁殖を防ぎ抜け毛対策となり、頭皮の環境を整えていくのです。

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

髪の毛は身だしなみの重要なパーツです。髪型一つで人の印象は全然変わります。

女性からの見る目も変わります。

そのためにも、“正しいシャンプー”と頭皮の荒れを防ぐための“頭皮ケア”を行って薄毛を解消しましょう。

一生一度の人生です。この先、この2つの改善であなたの人生がより華やかで楽しいものになるように頭皮に合った育毛商材と掛け合わせて正しい育毛生活をして見て下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加