健康

2016/11/15

急性膵炎の原因は分からないことが多い? 慢性化して○○になることも

急性膵炎の原因は分からないことが多い? 慢性化して○○になることも

2年の間に5回も急性膵炎にかかってしまったという相談者さん。医師に聞いても原因が分からずに対策の立てようがないといいます。専門家に膵炎についてお聞きしました。

30代男性からの相談:「5回も急性膵炎を繰り返していて、原因を知りたいです。」

37歳から2年間にわたって合計5回、急性膵炎と診断され、緊急入院を繰り返しています。
入院していない間には、入院した先の外来にて、診察・検査を受けていますが、原因がわからないとのことです。
お酒の飲みすぎや胆石が原因といったことではないと、はっきりいわれています。正直、急性膵炎の繰り返しはコリゴリなので、原因がわかればそれに紐づいて対処法がわかると思うので、その対処法に基づき体のケアを行いたいのですが、原因不明といわれてしまうと、何も手を打つことができません。
大学病院等での検査を行っても効果がないのですかと伺いましても、主治医の先生はあまり効果がないとしかおっしゃってくれません。
急性膵炎の原因が不明な場合、その原因を究明する策は本当にないのでしょうか?

急性膵炎は原因が分からないことが多い

相談者さんが5回も見舞われた急性膵炎。専門家によれば、原因が分からないケースが多々あるといいます。

急性膵炎を繰り返すと慢性膵炎に移行します。アルコールが原因でない場合は、体質や稀に遺伝子の異常などでも膵炎を起こすことがあるようです。(看護師)
急性膵炎の原因の第3位は突発性となり、主治医が言うように原因不明で特定できないのです。突発性と診断され急性膵炎で検査がERCP・腹部超音波で判断されたと思います。(医師)
症例で胆嚢内に小さく、微小な砂状のものがあり、それが原因になることもあります。2010年に急性膵炎診療ガイドラインが出来ましたので参考にされてもよいと思います。(医師)

膵臓はとても重要な器官

膵臓の働きを学びましょう。その働きの中に炎症を起こす要因があると専門家が教えてくれました。

膵臓の仕組みとして、食物の消化に必要な消化酵素を分泌します。消化酵素は炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼなどが含まれます。(医師)
膵臓は血糖を下げるインスリンや血糖を上げるグルカゴンなど、血糖調節には必要なホルモンを分泌する重要臓器です。(医師)
急性膵炎を繰り返しておられるのは、膵臓に炎症が起こり消化を担う消化酵素が膵臓自身を溶かしてしまっているからだと考えられます。(医師)

急性膵炎は慢性化する…対処法は食事・運動・生活習慣

急性膵炎は繰り返すことで慢性化します。この慢性膵炎はもっと大きな病気へと移行してしまうケースがあるといいます。慢性膵炎の場合の対処法もお聞きすることができましたので、知識を押さえておきましょう。

慢性膵炎の人はアルコールの制限はもちろんですが、食事にも注意しなければいけません。脂質の多い食事は避けて、脂肪分を分解する大豆を摂るようにしてください。(看護師)
激しい運動も胃酸が分泌されてしまうので避けましょう。胃酸をコントロールするためにも香辛料、コーヒー、炭酸飲料などは控えるようにしてください。(看護師)
喫煙も胃酸を分泌してしまいます。膵炎と関係があります。原因不明で膵炎を繰り返すときは、やはり精密検査をうけたほうが良いと思います。まれに、膵臓がんに移行することもあるので注意が必要です。(看護師)

急性膵炎は突発的なものであり、原因が分からないケースが多くあるといいます。それは医師の腕とは関係のないものです。また、急性膵炎は慢性化し、それがやがてがんになる可能性もあるとのことですので、食事と運動、生活習慣を見直していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加