健康

2014/11/14

排便時の裂けるような痛み…切れ痔の改善方法とは?

排便時の裂けるような痛み…切れ痔の改善方法とは?

排便の度に肛門にはしる、裂けるような痛みと出血…今回は、切れ痔に悩む男性からの質問です。1カ月間毎日のように切れて、痔の悪化に不安を抱えているとのこと。手術をしなくても切れ痔を改善する方法はあるのでしょうか?

30代男性からの質問:「痔が1カ月治らない」

前から痔には何度も悩まされてきましたが、最近は毎日のように切れてしまう痔に悩んでいます。約1か月1日も休まず切れ続けていてさすがに心配になってきました。このように痔が悪化したらすぐに病院で手術する他ないでしょうか。それとも市販薬や食事の改善で治ることはありますか。なんとか治したいので教えてください。

便秘の解消が切れ痔改善の要。食事や水分補給、生活習慣の見直しを。

硬い便を無理に出すことで生じる切れ痔。食事内容や水分補給を見直して、柔らかい便が出るよう腸内環境を整えることが重要です。ストレスや冷えで症状が悪化する場合もあるので、運動など生活習慣に気をつけることも必要です。

切れ痔は、便秘の方が無理に便を出そうとしたり、硬い便のために肛門が切れてしまうことです。毎日排便があるのでしたら、便が硬いと思われます。腸内環境を整え、便を柔らかくしましょう。水分補給も大切です。1日に最低2000mlを目安に水分を摂ってください。(看護師)
ミネラルウォーターの硬水がお口に合えばマグネシウムが含まれていて便秘に良いです。食事は食物繊維を含む食品を意識して摂ります。食物繊維には水溶性と不溶性があります。水溶性はこんにゃくやひじき、わかめ、もずくなど。水に溶けて便を柔らかくしてくれます。不溶性は納豆、ごぼう、キノコ類、さつまいもなどで、便のかさを増やします。両方バランスよく食べます。(看護師)
個人的にはヨーグルトとキムチがよく効きました。ビフィズス菌が多く含まれているヨーグルトは腸内環境を改善してくれます。またキムチは乳酸菌が含まれているので腸内環境を改善してくれるだけでなくキムチの辛みが腸の働きを活性化してくれます。朝起きたときに冷たい水を1杯飲むというのも腸の動きが活発になるのでおすすめです。(看護師)
軽い運動をして腸の動きを良くしたり、規則的な生活を心掛けてストレスを溜めないようにしてください。また、下半身の冷えによって肛門周囲の血流が悪くなり、痔になりやすいので、なるべく体が冷えないようにしましょう。(看護師)

排便前後の一工夫も効果的。それでも改善しない場合は病院で受診を。

排便後の拭き方、ウォシュレットの使い方などで症状を悪化させている場合もあります。排便前に一工夫することで便の通りや痛みを軽減できるようですが、症状がなかなか改善しない場合は病院を受診するのがおすすめです。

排便の後は、ウォシュレットやおしりふきシートで肛門を清潔にしてください。肛門に傷があるため、不潔にしていると症状が悪化しやすいです。しかし、ウォシュレットの使い過ぎは逆効果です。弱い水流で30秒以内にしてください。(看護師)
トイレットペーパーでゴシゴシと拭くのは傷に刺激になるので良くありません。(看護師)
排便前の一工夫としては、オリーブオイルやワセリン、馬油などを肛門に塗っておくと、便の滑りが良くなるのでスムーズに便が出せます。(看護師)
切れ痔の出血は、一般的にティッシュにつくくらいの少量ですが、それ以上の出血がある場合は肛門科を受診してください。(看護師)

排便の度に痛みや出血を伴う切れ痔の悩み。良い排便ができるよう身体を整えることが改善のカギと言えるでしょう。食事内容や生活習慣の見直し、排便時の一工夫など対策方法は色々あるようです。まずは日常生活の中で改善できることを試してみて、それでも症状が良くならない場合は病院を受診してみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加