薄毛

2016/11/11

昔はボリュームがあったのに今は薄毛…対策しても意味あるの?*

昔はボリュームがあったのに今は薄毛…対策しても意味あるの?*

昔はパーマをかけたりして髪型のアレンジを楽しんでいたという相談者さんは、現在薄毛に悩んでいます。髪の本数だけでなく、1本1本が細くなっているというのです。このような状態でも薄毛対策は効果があるのでしょうか?

40代男性からの相談:「毛髪がとても細くなっていますが、薄毛治療は効果ありますか?」

薄毛の悩みです。現在49歳の男性です。30歳前半から徐々に頭髪量が減ってきています。
最初のうちはパーマをかけて髪形を楽しんでいましたが、徐々に頭髪のボリュームが減ってきたので30歳を過ぎたころからパーマをかけるのをやめ短めの髪型にしていました。
その髪型も40歳近くになったころは頭皮が透けて見えるようになってきたので、2センチくらいの長さのスポーツ刈りにして対応していましたが、現在は頭髪量髪自体が細く産毛のように細いものもかなり多くなってきました。
髪のケアをしたいのですが、この状態で育毛剤、発毛剤を使用して実際頭髪のボリュームが戻るほど改善されるのでしょうか? 

昔当てたパーマが薄毛の原因かもしれない

専門家によれば薄毛に至る原因は多々あるとのことですが、今回のケースに関しては直接的な原因がパーマである可能性があるといいます。

薄毛は遺伝性が大きく関わってきます。家族や身内で薄毛の方がおられたら遺伝で薄毛になる可能性は高いです。(医師)
薄毛や髪の毛が細い方は年齢に伴い起こりうることですが、遺伝性でない場合もございます。大きな原因として栄養不足・体内サイクルの乱れ・頭皮や髪にダメージがあります。(医師)
昔パーマを当てておられたとの事でしたので、それが原因になっている可能性があります。特に昔のパーマ液は強い物でしたので。(医師)

薄毛治療薬を試すのも一つの手

国内で認可されている薄毛治療薬があります。これは臨床結果で効果が期待できると判断されたものになります。医学的な見地から改善効果が見込まれているものですので、試してみるのもいいでしょう。

育毛剤、発毛剤は、薄毛のタイプや個人差により効果に違いがあります。例えば、厚生労働省により薄毛(AGA)の治療薬として認可されている薬であるプロペシアは、その治療効果については、国内において臨床試験が実施され確認されています。(薬剤師)
頭頂部が薄くなっているタイプの薄毛の方を対象とした臨床試験では、48週間、プロペシア1mgを服用された方で改善ありと判定されたのは58.3%であるのに対し、プラセボ(薬の成分が入っていない、偽薬)を服用されていた方の改善率は5.9%でした。(薬剤師)

薄毛改善の期間は個人差がある

薄毛の治療はいくつかあります。自分に合った治療法を探すことで、効果的に薄毛を改善していくことができるかもしれません。

薄毛治療は病院やクリニックで行っています。AGA男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが酵素交換され出来た、ジヒドロテストステロンの働きに関係してます。(医師)
他にも、塗り薬ではミノキシジルなどがあります。育毛、発毛については、皮膚科で相談に乗ってくれますので、一度、医師に相談してみるのが良いかと思います。(薬剤師)
抜毛や細い毛の改善は出来ますが、人により改善期間は違います。一度病院や専門医にご相談ください。(医師)

薄毛は医学的に治療していける時代です。諦めずに模索していくことで、効果を実感できる日も来るかもしれません。まずは、行動を起こしてみることです、その一歩が明るい未来に繋がっているかもしれないのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加