口臭

2016/11/09

医者オススメ! とりあえずの口臭対策とは?

医者オススメ! とりあえずの口臭対策とは?

歯のケアをしているのに口臭が気になってしまう。通勤や会社でまわりの人に臭いと思われていないか気になってしまうと大きなストレスになってしまいます。そのような原因が考えられるのでしょうか。専門家がすすめる簡単な解消法もご紹介します。

40代男性からの相談:「歯磨きと歯間ブラシでキレイにしているのに口臭が気になります。」

最近四十路を超え、ふとした時に自分の口臭が気になる時があります。
歯磨きは朝と夜の2回しており、最近では糸ようじを使い歯と歯の間についた汚れも取るようにしています。それでも自分で気づくくらい口臭がする事があります。
口臭の原因が何で、それに対する改善方法はこれだとわかる手段はあるのでしょうか?
最近、電車に同乗している見知らぬ方や話しかけてる知人のちょっとした仕草に「もしかしてニオイがしてる?」と気になるようになってしまいました。

口臭の原因は口の中だけでなく、内臓にもある

口臭の原因は、口の中だけにあるとは限りません。口臭対策は口臭の原因を特定するのが先決です。

口臭の臭いには、いろいろと原因があります。歯を綺麗に磨き歯垢もきちんと清掃しても口臭は出ます、舌根の汚れや後鼻漏がたまってる状態、胃の胃酸による刺激、などがあります。(医師)
口臭の原因には、虫歯や歯周病以外にもあります。例えば飲み過ぎ、食べすぎなどで胃が消化不良を起こしてしると胃からニオイが口に上がってきて、口臭になります。(看護師)

胃、腸、食道からニオイが発生することも

口の中以外のニオイの原因に胃腸や食道の不調が挙げられます。

胃、胃潰瘍でも口臭が発生します。消化不良で胃の中に溜まった食べ物が発酵してニオイが出てきます。(看護師)
十二指腸潰瘍では、胃の中で発生した臭い物質が、血液中に吸収され全身をめぐり、肺から息として口臭に変わります。(看護師)
逆流性食道炎では、胃酸が逆流して刺激臭になります。(看護師)

その他に考えられる口臭の原因

専門家によれば、口臭は体調の変化や鼻の病気などでも起こりえるといいます。

蓄膿、扁桃炎でもたまっている膿のニオイが口臭になります。(看護師)
ストレス、たばこでも口臭はひどくなると言われています。食生活を改善して、暴飲暴食をしないで、たばこやお酒の量を減らしてみてはどうでしょうか。(看護師)
体に不調がある場合は、原因がそちらにある可能性があります。原疾患の治療をしないと口臭も変わりません。(看護師)
原因を探り考えられる原因を削除していき最後に残ったものを対処していきましょう。病院で耳鼻咽喉科を受診して検査をしていくのも早く対処できると思います。(医師)

専門家が教える口臭撃退法

口臭の原因をすぐには突き止められない場合、専門家が教える口臭対策があります。試してみるのもいいでしょう。

原因に覚えのない時は歯磨きをして歯垢も除去してからプロポリスのうがい薬を30秒くちゅくちゅしてから吐き出してその汚れを見てみてください。食べかすなどが出る事が多いです。それがニオイの原因ですので、試してみてください。(医師)
歯科に口腔内洗浄をしてもらってください。舌根ブラシで清掃して白い状態を丁寧に磨いてください。(医師)

口と鼻は位置が近く、どうしてもニオイが気になってしまいます。ニオイが気になるというストレスが口臭を悪化させることもあります。専門家のすすめるプロポリスのうがい薬を試してみましょう。しっかりと口臭の原因を病院で検査してもらい、対策を講じていきましょう。異常なニオイは身体からの不調のサインです。きちんと受け取って次に活かしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加