メンタル

2016/11/09

人間関係で悩まないためのストレスマネジメント

人間関係で悩まないためのストレスマネジメント

会社での人間関係がうまくいかないとお嘆きのあなたに、専門家からアドバイスがあります。これを参考に、ビジネスだけでなく、人生を豊かにしていくためのヒントを掴んでいきましょう。

30代男性からの相談:「ストレスを撃退する心がけ、本などはありますか?」

30代後半男性です。会社員として勤めていますが、やはり普段一番ストレスを感じるのは会社の人間関係だったりします。
あまりよろしく思わない同僚や職場の人とは会いたくなくても毎日顔を合わせる必要があるので、そういう場合に良い心がけだったりおまじない、この本いいよ、みたいなものがあれば教えて欲しいです。
ストレスは一番の敵、と聞いたことがあります。将来のためにも、自分の身体のためにもあまりストレスを抱えていたくはないので。

ストレスマネジメント・4つのポイント

専門家によれば、ストレスマネジメントを行う上で4つのポイントを押さえておくのがいいといいます。自分に合った方法でストレスマネジメントを行っていくことで、人間関係を豊かなものにしていくこともできるかもしれません。

仕事付き合いでの人間関係がストレスという方は多くいらっしゃいます。無理難題を押し付ける上司や仕事の足を引っ張る同僚など負担をかけられることは大いにありますので人間関係にストレスがかかるのは、無理もありません。(看護師)
このような状況の場合に考えられる方法としては、おおまかに4つあります。
1、ストレスから開放される(仕事を変える)
2、ストレスに耐性をつける
3、ストレス発散する
4、ストレスを和らげる
になります。(看護師)
2、ストレスに耐性をつける:今起きていることを繰り返すと人間の体は慣れを覚えてその事に対して負担ではなくなるように脳が流す事を覚えます。これがストレス耐性となります。(看護師)
3、ストレス発散する:好きなことに没頭し自分の時間を作る事です。(看護師)
4、ストレスを和らげる:楽しむ事が大切になります。相手の事をもっと知りたい、会話を楽しむなどすることで相手に対する見方が変化し、顔を合わせることに対してのストレスが好意に変わります。(看護師)

自らの価値観を押し付けずに人と付き合うということ

人は生まれや環境によって唯一無二の人格を形成しています。その人格を尊重しつつも、自らの負担に繋がらないように心の持ちようを考えていくことで、ストレスから解放される場合もあります。

10人いれば、10通りの考え方があり、人によって考え方も価値観も違いがあります。ですので、職場や学校など多くの人がいれば、全ての人と気が合うなんてことは不可能なのですが、ほとんどの人が全ての人と気が合う仲間でいたいと思っています。(医師)
自分の価値観や考え方で相手を見てしまい、自分の価値観や考え方に合わないと、あの人は苦手とか、自分とは馬が合わないとか、さらには、嫌気すら感じてしまいます。(医師)
馬が合わない人に無理に合わせる必要はありませんが、「十人十色。あの人には、あの人の価値観や考え方があって、それは、自分とは全く違うものなのだ」という意識を持って、合わない人には接すると良いかと思います。(医師)
「あの人は最悪」とか「顔を合わせるだけで、イライラする」とか感じてしまう時は、無意識のうちに、自分の価値観や考え方を相手に押し付け、相手を評価している時です。そんな時は、「あの人は、自分とは違う。あの人は、あんな人なのだ」と意識してみると良いかと思います。(医師)

おすすめの本で人生を豊かに

専門家からおすすめの本についてお聞きすることができました。これがきっかけになって人生を彩深いものにしていくこともできるでしょう。

スタンフォード大学の教授が出している本で「自分の人生を変える」というものがあります。これは、心理学の面からみた行動を正しい方向へいくように仕向ける事で人生を充実させようとしている本になります。これを読むことで何が自分に取ってのマイナス点を見つめ直す一つになりますのでおすすめです。(看護師)
人は距離感が縮まると安心感が生まれる為、親しい方とはリラックスが出来るのです。(看護師)

人間の本質は、その字の通り人との関係性の中にあります。他人がいなければ、自己を認識することは出来ず、社会の中でいた波を続けていくことも難しいでしょう。人間として、水のように千変万化するような柔らかい心を持つことも大切なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加