健康

2016/11/03

股間がかゆい! 下着の選び方はどうすればいい?

股間がかゆい! 下着の選び方はどうすればいい?

汗をかいて股間が蒸れ、かゆくなってしまう経験は誰しもがあるものです。かゆくてかゆくてたまらないのに、場所が場所だけにかきむしるわけにもいかない。こうした場合、どうやって対処していけばいいのか、専門家に伺いました。

30代男性からの相談:「夏、股間がかゆくなってしまいます。何かいい対策はありますか?」

私は現場作業中心の仕事をしていて、汗っかきというわけでもないのですが、夏は特に汗をかきます。夏の場合になりやすい症状なのですが、股間が痒くてたまらない時があります。
やはり痒い場所が場所なので、痒くてもかくのは恥ずかしい周りの目も気になるので我慢しています。それでも本当は痒くて、たまらないんです。
私は、トランクスをはいているのですがブリーフもしくはボクサーパンツの方がいいなどありますか?
また、事前にこうしてたら、あまり痒みはどないなどの対処法があったら教えてほしいです。

夏に股間がかゆくなる理由

股間のかゆみは、その環境が原因となっています。夏の時期には、特に股間の環境が悪化するのでかゆみを感じてしまうのだといいます。

医学的に申しますと、陰部のかゆみで病院に受診をしたほうが良い場合があります。陰部のかゆみで汗により蒸れたり、下着と陰部のこすれによりかゆみが生じることがあります。(医師)
最近では、股間の痒みに悩まされている人が多くいます。なぜ股間が痒くなるのかというと、股間は布で常に覆われている状態なので特に夏は汗もかきやすく蒸れやすい環境です。(看護師)
日光浴や風通しを良くすればいいですが、なかなか出来ません。なので、細菌やカビなどが繁殖しやすいので、股間が痒くなるのです。ですが、相談者さんもおっしゃっている通り相談しにくい場所なのでなかなか人に言えません。(看護師)

通気性のいい下着を選ぶといい

下着選びは通気性のいいものを選ぶといいそうです。また、それで改善しない場合は、市販薬もありますので、試してみるといいでしょう。

下着はトランクスでもボクサーパンツなど様々な種類があります。どれでもいいですが、通気性のいいものやシルクのように肌触りが良いものを選ぶといいです。(看護師)
それでも痒くなってしまう場合には、市販で股間の痒みに悩む人のための薬があります。なかなか病院に行けないと言う人は、市販のもので様子をみてもいいです。ですが、症状が治らなかったり酷くなるようであれば、泌尿器科に受診してみてもらいましょう。(看護師)

陰嚢湿疹の可能性もある

陰嚢湿疹は進行性の皮膚疾患です。初期状態であれば、しっかりと対処することができれば症状を抑えることができますが、進行してしまうと病院を受診するほかなくなる可能性があります。

陰部のかゆみには陰嚢湿疹があります、陰嚢は精巣を包む皮膚の袋の事です。ここに湿疹が出来るとかゆくなります。初期状態ですと猛烈なかゆみでない場合は、掻かないようにして、市販薬でかゆみが止まる程度で対処できます。(医師)
中期は薬が効かないと感じ、陰嚢の周囲が赤く炎症を起こすそこを掻き続けて小さく切れ、少量のジュクジュクが出る。この場合皮膚の炎症を抑える薬が必要です。(医師)
末期は激しくかきむしりジュクジュクからベトベトになり下着が汚れ出血状態となります。この場合は、病院の皮膚科を受診して飲み薬と塗り薬をもらうことになると思います。(医師)

股間のかゆみはなかなか相談できないものです。気が付いたら掻きむしってしまい、症状が悪化してしまう可能性があります。ひどくならないうちに対処して、ストレスのない日々を手に入れましょう。どうしても治したい場合は、恥ずかしさをおしてでも医療機関を受診するといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加