体臭

2014/11/12

ノネナールが加齢臭の原因…どうすれば除去できるのか?

ノネナールが加齢臭の原因…どうすれば除去できるのか?

最近よく耳にするようになった、ノネナールという物質。気になる「オジサン臭」の原因として挙げられています。今回は、頭皮や首筋の加齢臭が気になる男性から、どうすればノネナールを抑えられるのかという相談です。

50代男性からの相談:「ノネナールという成分について」

自分の加齢臭がとても気になります。特に頭皮や首筋が気になっています。調べていくとノネナールという言葉が出てきますが、どうすればこの成分を抑えることができるのでしょうか。

ポイントは抗酸化力。酸化を防ぐ食生活を。

脂質の酸化と関連のあるノネナール。脂質の摂取を控え、抗酸化作用のある食品を多くとることが対策となるようです。

調べておられた「ノネナール」という成分ですが、加齢臭の原因となる脂肪酸と酸化した脂質が合わさることで生じる物質です。特に40歳を過ぎると酸化を抑制する力が弱くなるので、分泌量が増加しノネナールも増えていきます。この成分を抑える為にはストレス、食生活の見直し、運動などが挙げられます。(看護師)
抗酸化作用のある食べ物がノネナールの苦手とするものです。ビタミンC・Eには強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制してくれます。わさびや生姜にも含まれているので食事に一品添えてみてください。油っこいもの、脂質を多く含むお肉は控えましょう。動物性脂肪が少ない和食も加齢臭の予防になります。(看護師)
喫煙はされていますか。喫煙は抗酸化作用のあるビタミンCを破壊してしまう作用があるので喫煙されているなら禁煙をお勧めします。(看護師)
規則的な生活、脂肪分を控え野菜中心のバランスのとれた食事、便秘をしないことも体臭予防になります。(看護師)

正しい入浴と洗濯も不可欠。

身体や衣服に付いたノネナールをこまめに洗い落とし、ニオイを産生する雑菌の繁殖を抑えることも大切なポイントです。

男性は女性に比べ、汗や皮脂などの老廃物の分泌が多く、男性ホルモンの影響もあり、加齢臭に悩む方が多いと言われています。ですから、ノネナールに限らず、身体全体の消臭予防が効果的かと思います。(看護師)
頭皮であれば、湯船につかって汗をかいた後に洗髪します。お湯で流すことで、ほとんどの髪の汚れがとれますので、充分に頭全体を流してください。シャンプーは手で泡立てて、頭皮をマッサージするように洗います。 (看護師)
シャンプーは充分すぎるほど、流してください。シャンプーが残っていると、雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因になります。シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かしましょう。水分が残っていると、これも菌を増殖させます。髪は短いほうが通気性もよく、頭皮が不潔になりにくいです。(看護師)
身体は消臭効果や殺菌効果のある石鹸やボディーソープがいいです。耳の後ろも忘れずに洗ってください。衣服についた臭いもさらに臭いを増強させますので、衣類は清潔なものを着用し、洗濯には酸素系漂白剤を使うと殺菌効果がある上に、消臭予防にもなると言われています。 (看護師)

ノネナールを抑えるためには、食生活をはじめとする生活習慣の見直しと共に、身体と衣服を清潔に保つ工夫が有効です。気になる加齢臭ですが、仕方ないとあきらめたり、逆に神経質になったりせず、ひとつひとつ着実に対策していきましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加