メンタル

2016/10/30

やる気が出せなくて困っている時に原因究明が必要な理由

やる気が出せなくて困っている時に原因究明が必要な理由

仕事で集中できず、ミスを連発してやる気が起こらなくなってしまって困ったことはありませんか? 今回の相談者さんはやる気が起こらないことで会社も休みがちになってしまっているとのこと。どのように改善すればいいのでしょうか。

40代男性からの相談:「頭がボーっとして、何事にも集中できません。」

慢性的なうつ状態で、常に頭がボーっとして、何事にも集中できません。仕事中も意識が集中できないため、作業のミスが頻繁に起こります。
仕事もそれ以外のことにもやる気が全く起きず、とにかくただ眠りたいだけです。以前までは何とか会社には出社することができていましたが、最近では、やる気が起こせない状態がますますひどくなって、会社に行こうとするにも一苦労で、休む回数も増えてきています。
いったいどうしたら頭がすっきりした状態で、物事をやる気が起こせるようになるのか、どうか教えて下さい。

心療内科を受診するのが先決

相談者さんの現状は心にモヤモヤを抱えて、日々ストレスを溜めこんでしまっている状態です。まずは医療機関を受診し、医師の意見を聞くことから始めるのがよさそうです。

相談者さんが病院に通院中かどうか記載がなかったので分かりませんが、まだ病院を受診しておられないのであれば、すでに意欲が低下した状態が何か月も続き、仕事に行くことが出来ないといった生活上の支障が出ていますので、すぐに精神科もしくは心療内科を受診して治療を受けられることをお勧めいたします。(医師)
慢性的なうつ状態とのことですが、どこかで診断を受けたり、うつ病の治療を受けているということでしょうか。もし、治療をしているのであれば、まずは精神科医に今の状態をきちんと話して、お薬などの変更などの相談をしてみてはいかがでしょか。(看護師)
すでに病院に通院中で投薬治療を受けているという事でしたら、意欲の低下を改善させる効果の高い薬、たとえば、レクサプロ(SSRI)やSNRI(イフェクサー、サインバルタなど)に変更したり、現在服用中の抗うつ薬にエビリファイの少量追加投与を行うなどの治療変更を主治医の先生に御相談されてみることをお勧めいたします。(医師)

やる気を起こすためには原因を究明すること

やる気を出す方法を無闇に考えても、効果的でない方法をいくつも試していくのは心労も重なっていく要因になってしまいます。原因を探り、進むべき方向へ向かいましょう。

もしご自身が「うつ状態」と自己診断しているだけであれば、まずは内科などを受診して、体の異常はないかをチェックしてもらいましょう。「頭がぼーっとしている」「ただ眠りたい」とのことなので、睡眠時無呼吸症候群の可能性もあるかもしれません。(看護師)
必要な酸素が体に足りていなければ、集中したり動いたり考えたりする力も低下します。「やる気を起こす方法」を考える前に、あなたの体に起こった変化がないかを調べることを優先して下さい。その原因が判明し、適切な治療をすることで、心身のバランスが取れるようになると思います。(看護師)

仕事でのミスが重なっていくと、心に負荷がかかっていきます。そのストレスがさらなるミスを招き、負の連鎖を繋げていくことになってしまいます。その悪循環を打ち破るには、現状に至った原因を探し出し、きちんとした指導のもと方向転換していくのが大切になっていきます。心の問題の陰には別の病気の要因が隠れている場合もありますので、医療機関を受診するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加