陰茎

2016/10/27

早漏でお悩みの方へ…ドラッグストアでも買える塗り薬がある!

早漏でお悩みの方へ…ドラッグストアでも買える塗り薬がある!

早漏を治すためにあらゆる方法を試してきたという相談者さん。しかし、効果を感じられなかったとのこと。早漏を改善するための薬などはあるのでしょうか。専門家にズバリ聞きました。

40代男性からの相談:「早漏を医学的に改善することは出来るのでしょうか?」

どこからが早漏なのかは分かりませんが、自分で早いと思っているので早漏なのだと思います。だいたい挿入後、2から3分程度で我慢が出来なくなります。
色々な情報を入れ、試してきました。例えば、冷水と温水を交互にかける、限界が近づいた時に強く握りしめるなど…。全く効果はありませんでした。
早漏は精神的なものが原因と聞いたことがあります。
それ以外の物理的な治療法、飲み薬とか塗り薬などはあるのでしょうか?
その他、日常生活で気をつければ改善するなどありましたら教えてください。

早漏改善薬はまだない

専門家によれば、まだ早漏を改善する治療薬はないようです。やはり、相談者さんがおっしゃる通り、メンタルから改善を図っていくのが基本的な改善方法だといわれています。

早漏に対して、ED治療薬で効果がある、抗うつ薬のSSRIで効果があるなど、様々な情報がありますが、日本においては、早漏治療薬として認可されている医療用医薬品(処方薬)は、今のところありません。(薬剤師)
医学的に早漏を遅らせることは精神的なことで行う方法、メンタル改善方法があります。他に飲み薬。塗り薬は処方薬は有りません。(医師)

早漏とは早くイッてしまうことではない

文字の印象から早漏は早くイッてしまう状態を想像してしまうかもしれませんが、医学的には時間は関係ないようです。

早漏の医学的見解ですが、射精のコントロールが出来ない事を言います。(医師)
膣内の挿入後、射精するまでの時間が早い人で30秒の方もおられ、1~5分となる方もおられます。挿入後にピストンが10~30回で射精される方もおられます。(医師)

早漏改善の効果が期待できる市販薬がある!

専門家から早漏改善薬の情報をお聞きすることができました。もし気になる場合は、試してみるのもいいでしょう。

一般医薬品(市販薬)で大東製薬工業から製造販売されている「トノス」軟膏があります。「トノス」は1964年(昭和39年)に承認された古くからある薬です。(薬剤師)
3種の局所麻酔薬と男性ホルモン(テストステロン)、抗ヒスタミン薬が配合された軟膏で、亀頭冠にすり込むことで局所麻酔薬の効果で射精遅延効果があり、男性ホルモンの効果で精力減退や男性更年期障害などの改善効果も期待できるというものです。(薬剤師)
この薬は、第1類医薬品に指定されていますので、購入時は、薬剤師から説明を受けてからお買い求めください。(薬剤師)

ちょっとした工夫で早漏改善はできる

早漏を改善させるためには、物理的・精神的刺激を和らげることが大切です。ここでは医師の方からのアドバイスを紹介させていただきます。

ちなみにどうしてもとの事でしたら、表面麻酔薬があります。私からその名前は言えません。女性の方の妊娠にも影響を与える恐れがありますので。(医師)
ここから私の個人的な方法です。コンドームの厚みのあるものを使用する。性交中に全然違うことを考える。個人的な方法です。一度試してみてください。(医師)

早漏で悩む方は多くいらっしゃいますが、それが悪いことなのかは女性の本音を聞く必要があります。早漏改善のための対策を取るよりも、しっかりとパートナーと腹を割って話すことで悩み自体が解消する場合もあります。男女の関係は1人では成り立ちませんから、独断で何かを始めるよりは、まずはコミュニケーションをしっかりとることが大切なのかもしれません。今回ご紹介した改善法は、どうしてもという時のために覚えておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加