健康

2016/10/24

意外と知らない青汁の副作用

意外と知らない青汁の副作用

身体にいいといわれる青汁ですが、副作用はあるのでしょうか。専門家からは青汁が引き起こすと考えられる副作用についての情報を得ることができました。

30代男性からの相談:「青汁を飲み続けると副作用などあるのでしょうか?」

健康のため、今年の3月から毎日青汁を飲んでいます。青汁を飲むようになってから体調が少し良くなったように感じます。
しかし、最近、副作用のほうが心配になってきました。青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれいていますが、それらの過剰摂取による副作用があるのかとても心配です。
このまま青汁を飲み続けていいのかどうか教えていただきたいです。
また、青汁に変わるおすすめの健康食品やサプリがありましたら、そちらも教えていただけたら幸いです。

青汁には副作用がある

青汁にも副作用があり、下痢や便秘が引き起こされる可能性があるようです。また、場合によっては命に関わるような症状を引き起こす場合もありますので、医療機関であらかじめ検査をしておくことも必要だといます。

健康に良いからといって、推奨量を超えて飲み続けることはしないようにしましょう。(薬剤師)
青汁の副作用ですが、副作用はあります。下痢です。青汁は食物繊維の入った液体で飲用しますので腸に届く速さは早く腸の動きが早まり下痢となります。(医師)
便秘は青汁粉末が溶けきらず粉が残って飲用すると腸内で蓄積をして便秘となります。胃の悪いかたが飲用すると食欲低下が見られます。(医師)
青汁には抗菌作用と食物繊維が含まれています、胃の悪い方が服用すると、抗菌作用により膨満感や痛みが出る場合がありますので青汁を飲用を止めてください。(医師)
アレルギー反応で発疹や息苦しくなるアナフィラキシーなど重度の副作用がありますので飲まれる場合はアレルギーがあるのかないのかを調べてください。医療機関で調べられます。以上が副作用です。(医師)

青汁が身体に合っているようなら続けてOK

青汁が身体にいいからといって、過剰摂取するのは得策ではありません。また、青汁は身体に合っていれば続けても大丈夫です。青汁からサプリメントに切り替えたい時にどんな栄養素を参考にすべきかも聞くことができました。

確かに脂溶性ビタミンやミネラルは過剰摂取してしまうと、逆に健康を損ねてしまうことがあります。ですが、青汁をメーカーが1日に推奨する量を飲む分には、青汁中の含有成分を踏まえたうえで、推奨量を設定しているので過剰摂取の問題はないかと思います。(薬剤師)
青汁はサプリメントでいうと、マルチビタミン&ミネラルに加え、食物繊維もカバーしてくれるとても良い健康食品です。体調が良いと感じるようでしたら、ぜひ続けてみてください。(薬剤師)
私から特定の物は言えませんが青汁に変わるサプリメントは、今たくさん出ていますので、自分のあったものを飲んでください。(医師)
今後、もし、なにか医薬品を飲む場合があれば、青汁との飲み合わせについては医師または薬剤師にご相談ください。(薬剤師)

青汁には下痢や便秘、膨満感、痛み、アレルギー反応を引き起こす恐れがあることが分かりました。青汁は身体にいいものですが、身体に合わなければサプリメントに切り替えていくのもいいでしょう。青汁と医薬品との飲み合わせもありますので、気になる場合は近くの病院で医師に相談するといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加