健康

2016/10/23

突然の肘の痛みは痛風? 発作が現れる条件とは?

突然の肘の痛みは痛風? 発作が現れる条件とは?

肘が赤く腫れあがり、痛みが出たという相談者さん。尿酸値が7を超え、あれが痛風だったのではないかと考えているようです。痛風といえば、足の親指の付け根が痛むものというイメージがありますが、肘にも痛風の症状は出るのでしょうか。

30代男性からの相談:「痛風の症状は肘にも出るのでしょうか?」

尿酸値が7台後半、不摂生した時期に検診を受けると8台に乗る傾向にあります。生活習慣に気をつけて様子を見ているだけで、治療はしていません。
先日、特に酷使はしていないのに、利き腕ではない左肘が数日赤くはれ上がり、運動痛が生じるという事がありました。痛み止めとシップでやり過ごして、今は何ともありません。これは痛風発作だったのでしょうか?
私のイメージでは足の指先の関節が腫れるものという痛風ですが、他の関節が腫れることもありますか?

痛風の症状は足だけに出るとは限らない

痛風の症状が足に出るのは全体の7割ほどだといわれています。ほとんどの場合が下半身に症状をもたらしますが、関節があればどこでも発症する可能性はあります。

痛風で他の関節で症状が出ることもあります。体から遠い所の関節で症状が起きやすいですが、痛風の場合、関節内でプリン体での結晶ができてしまえば関節であればどこでも症状の出現はありえます。(看護師)
痛風の症状は、足の先に出るのが約7割といわれています。また、かかと、足の甲、くるぶし、ひざ、アキレス腱など膝から下に出るのが約9割です。しかし、肘、手首、指の関節にも発症することがあります。(看護師)

痛み止めが効かない痛風の発作もある

痛み止めやシップはその場しのぎの対処法にすぎません。根本的な対策を取らない限りは状態は悪化の一途をたどるばかり。その先に待っているのは、抑えることのできない激痛です。

今は、痛み止めとシップで対応できていると思いますが、大きな発作の時は、痛み止めが効かないというくらいに痛いと患者さんは言われます。尿酸が7台後半であれば治療の対象になると思いますので、治療を開始した方がいいと思います。(看護師)
血清尿酸値が9以上で、発作を起こしたことがある人は食事などでは改善することが少なく、薬での治療の対象になります。(看護師)

痛風の症状が現れやすい場所がある

専門家によれば、痛風の症状が現れやすい条件があるといいます。また、痛風発作が出るということは、治療が必要な場合がありますので、医療機関を受診する必要も出てきます。

尿酸結晶が溜まり易い場所は、温度が低い、よく動かす、負担がかかりやすい、酸性度合いが高い部位と言われています。一度受診して、検査することをお勧めします。(看護師)
痛風発作の場合は、数値も悪くなっていると思われるので、食事療法なども必要になります。かなり高い場合は、薬の内服も必要になります。症状から痛風の可能性が高いように思います。原因が他の場合も考えられるので、ご自身の判断で医療機関を早めに受診されるのがいいでしょう。(看護師)

お酒=尿酸値を上げるという認識を拭い去れ

痛風といえばビールと思われがちですが、食べ物のほうが尿酸値を上げてしまうケースがあります。生活習慣ではなく、まずは、食生活を見直すことから始めましょう。

病院にかかりたくない場合は、プリン体が出にくい食事を心がけてください。動物性のものであればほとんどプリン体が存在しています。野菜中心の食生活に変えることも必要です。(看護師)
お酒よりも食事に大きくプリン体が存在していることもありますので注意が必要です。(看護師)

痛風は耐えられない激痛を伴います。夜中に猛烈な痛みに襲われ、救急車で運ばれるケースも少なくはありません。そのような未来を迎えたくなければ、食生活を見直し、必要であれば病院での治療も行いましょう。痛風の痛みは足だけとは限りませんので、身体に異変が起こったら、きちんと検査することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加