口臭

2016/10/20

口が乾くと口臭がきつくなる…ニオイを抑えるためには?

口が乾くと口臭がきつくなる…ニオイを抑えるためには?

口臭が気になって仕方がないという相談者さん。人の目が気になって、自分の口臭の原因を知りたいと質問を寄せていただきました。口臭の原因は何なのでしょうか? 専門家に話を聞くうちに、心の持ちようについても知ることができました。

10代男性からの相談:「口臭が気になって気になって仕方ありません。」

自分は口臭が気になります。
周りに気付かれているのか、どう思われているのか、影でなんか言われてるのか、などとても不安です。口臭の原因もわからないのが悩みです。歯磨きは毎日しています。たばこも吸いません。というより吸える年じゃないです。
なのに口臭が気になります。
口臭というのは相手が気づいても中々言ってくれるものではないので、陰で臭いと思われてたりしたら、それこそ本当に悲しいです。
調べたらストレスなどでも口臭になるというのも知りました。でも自分は言うほどストレスは溜まってないと思います。なにか他に原因があるのでしょうか。

口の中が乾燥すると臭くなる

口臭には一時的なものや病的なものなど様々な原因があります。相談者さんの場合は、口が乾燥して口臭の原因となっている可能性も考えられます。

口臭が気になるのですね。それは、どんな時に強く感じるのでしょうか。朝起きた時が強い場合には、胃の調子などが影響している可能性もあります。慢性的に鼻炎などがある場合にも、口臭として感じることがあるようです。(看護師)
相談者様の場合、口臭を気にされておられるようですので、唾液の分泌が減ったことによる生理的な口臭である可能性が高いと思います。(医師)
口の中が乾燥すると、口の臭いがきつくなるようです。コーヒーなどではなく、お茶かお水でこまめに口を潤すことも口臭予防に効果があります。(看護師)

口のニオイによって何が原因か分かることも

専門家によれば、ニオイにも種類があり、どのようなニオイなのかによって原因を探ることもできるといいます。ここでは、代表的なニオイとその原因についてご紹介します。

どのような臭いがするかによって口臭の原因はある程度分かりますが、相談内容にどのようなニオイの口臭がするのか書かれていませんでしたので、一般的な原因について回答させていただきます。(医師)
一番多い口臭の原因として胃腸の不調があります。胃腸の働きが弱っていると食べ物が完全に消化できませんので、ぬかやおならのニオイがします。いわゆる臭いニオイです。(医師)
その他、腎臓が弱っていると鼻にツンとくるような刺激臭がしますし、肝臓が悪いとカビ臭いニオイがしますし、鼻や気管支など呼吸器系に病気があると生臭いにおいがします。(医師)

口の中を清潔にし、リラックスすることが大切

口臭を防ぐためには、口内環境を整えておくことが条件です。そのうえで、口の中の乾燥をできるだけ少なくしていく方法をとっていきましょう。

歯磨きは毎日していても歯垢や虫歯が原因で口臭がきつくなることもあります。舌の色はピンクですか? できれば、舌ブラシなどで毎日舌もきれいにすると、口腔内の清潔がさらに保てると思います。(看護師)
内臓には何の病気もなくても、緊張したり不安になったりすると唾液の分泌量が減るために、口の中の細菌が増えて、口臭が起こります。これは生理的な口臭といって、誰にでも起こる口臭で、病気ではありません。(医師)
対処法としては、日頃から肩の力を抜いて深呼吸するようにして意識的にリラックスするようにしてみるとか、水などを口に含んで、口の中を常に濡れた状態にしておく方法があります。(医師)

口臭を気にしすぎるのは毒

口臭ケアは色々な方法があります。原因に応じて対策をとることは大切ですが、そのことばかり考えていては心の状態も不安定になってしまうでしょう。気にしすぎないのも口臭ケアの一つです。

今まで説明した方法を試してみても、口臭が気にある場合には、マウスウォッシュなどを使ってみることも良いと思いますし、口臭をさせたくない相手と過ごす場合には、歯磨きを持参しておくと気になる時に口腔内を清潔にできると思います。(看護師)
ですが、あなたが「口臭が気になりだしたきっかけ」は何でしょうか? きちんと対処をしていれば、多くの人は他人の口臭に気が付かないものです。(看護師)
胃の調子を整え、歯科で嗜好除去をしてもらった後は、あまり口臭のことにとらわれず過ごすように心がけて下さい。(看護師)

口臭はどうしても気になってしまうもの。ですが、人の目を気にするあまり、自分の心を締め付けてしまうこともあります。それが行き過ぎてしまうと、幻臭という実際にはないニオイに悩まされることにもなりかねません。確かにエチケットとして口臭対策は大事かもしれません。人はあなたが思うほどあなたを敵視してはいません。どうしても気になるのならば、友人に相談することも大切ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加