健康

2016/10/17

気になる尿の色…注意すべきなのはどんな色?

気になる尿の色…注意すべきなのはどんな色?

朝、起きがけの尿の色が気になってしまう…今回の相談者さんは濃い尿の色に不安を感じています。尿の色が濃いというのは、健康上問題があるのでしょうか?

20代男性からの相談:「尿の色が濃くて困っています」

数年前から色の濃い尿が出るので困っています。
学生時代は、透明な尿の色でしたがここ数年間は濃い黄色や茶色の尿が出てくるのでどうすればよいのか悩んでいます。
主にストレスが原因だと思いますが、毎日のように色の濃い尿が出てくるので少し不安になります。また食生活は、特に乱れてないので関係ないと思います。
インターネットでも調べても解決策がないので何かの病気ではないのかと思っています。教えていただきたいと思います。

ストレスで尿の色が濃くなることがある

尿の色は健康のバロメータとも言われますが、今回の相談者さんの指摘する通り、ストレスが原因になることもあるようです。仕事を始めてからこのような変化を体験する人も少なくないといいます。

相談者さんのように、仕事を始めてから尿の色が変わったと言う人も多いと思います。(看護師)
色の濃い尿が出るのはストレスが多くなり、緊張した状態や朝や運動をした後、アルコールを飲んだ後であれば、体内の水分が不足しているために起こる脱水症状の状態なので水分を補給するといいです。(看護師)
内服や栄養ドリンクなど健康食品を定期的に摂取しているようであれば、その影響で尿の色が変わっているということもあります。(看護師)

黄色の尿は問題ないが、茶色は注意

黄色の尿は余剰分のビタミンが排出されていることが原因だと考えられます。ですが、茶色の尿が出る場合には少し気をつけた方がいいかもしれません。

黄色い尿はビタミンのいらないものが出ていると思ってください。尿は体内のいらない栄養分野水分を出すことで体を健康に保っています。(医師)
茶色い尿ですが少し気になりますので検査が必要と思われます。ただ毎日排尿の時に茶色い尿が出るのであれば検査対象です。(医師)
黄色や茶色の尿が出る時に何かビタミン剤や栄養ドリンクを飲まれているのでしたら、余分なものは尿として排出されます。朝から夕方まで水分を水だけにして、排尿時に色を確認してください。(医師)

尿はニオイがないかも気にして

腎臓や肝臓の異常が尿の質に変化をもたらす場合があります。明らかに異常な尿の場合は、医療機関を受診するのが望ましいでしょう。

薄い黄色や茶色でしたら、特に問題はないと思われます。たんぱくが出たり、尿路感染が出たりすると、尿の匂いや混濁した色になりますので、その時は泌尿器科に相談してください。(医師)
水分をしっかり飲んでいたり定期的に摂取しているものを止めても尿の色に変化がなかったり、血尿が出るようであれば、腎臓や肝臓などに病気の可能性があるので早めに医療機関へ受診した方がいいです。まずは、水分をしっかり摂り、様子をみましょう。(看護師)

尿は毎日するものだからこそ、その変化には敏感になってしまうものです。しかし、問題になるべき変化とそうでないものを見極めることで、不安を少しは減らすことができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加