体臭

2014/11/10

ワキガの手術、費用や副作用の心配は?

ワキガの手術、費用や副作用の心配は?

腕を上げるとツーンと臭う脇の悪臭…ワキガが酷く手術を真剣に検討しているという男性からの質問です。手術はどんなことをするのでしょうか。また、費用、副作用などデメリットはあるのでしょうか。

20代男性からの質問:「強烈なワキガを治すための手術について」

ワキガが酷くて現在真剣に手術を受けたいと考えています。ただまだ医療機関には相談していないので、一体どんな手術方法なのかが分かりません。ワキガの手術をするにはどれくらいの費用がかかり、どのような手術をするのか、手術にはどれくらいの時間がかかるか、一度の手術できちんと治るのか、副作用はあるのかなどを教えてください。

手術には副作用が生じるケースも。症状によっては手術以外の治療法も検討可能。

脇の皮膚を切開するワキガ手術。日帰りでできる場合もあるものの、入院を伴うことが一般的のようです。手術は一度で良くなる人が多い一方、副作用が生じるケースもあると言います。ワキガの治療法には、手術以外にも症状に応じて様々あるので、病院で自分に合った治療法を相談するのがおすすめです。

ワキガの治療といっても、様々なものがあります。レーザー治療は汗腺にレーザーを当て、燃焼させ発汗を抑えます。ボトックス注射はボトックスを脇の下に注射することで、発汗を抑えます。シェービング法は汗腺を削り取ります。完全摘出はアポクリン腺、エクリン腺を完全に取り除きます。完全摘出は1泊ほど入院して行う場合が多いです。ボトックスやレーザー治療は繰り返し行う場合もあります。(看護師)
手術は、脇の皮膚を小さく切開して、アポクリン腺を除去します。日帰りでできる手術から、入院が必要な場合もあります。術後はテープで肩を固定し、腕が上がらないようにして安静をはかるので、少し不自由になります。症状に合わせて、またご本人の希望に沿って手術方法が異なりますので、先生と十分にお話しください。(看護師)
私の経験から、入院し手術された患者さん方(高校生の方から50代の方まで)は一度の手術で良くなられていましたし、副作用もありませんでしたよ。ただし、個人差がありますので心配なことは医師、看護師にその都度聞いて、納得されてから手術を受けてくださいね。(看護師)
副作用は、脇の汗を抑えるため、他の部位(手や足など)の発汗量が増えることがあります。(看護師)

治療施設や処置内容によって費用の差は倍以上。保険の適用有無にも要注意。

手術にかかる費用は、入院の有無や処置の内容、治療施設によっても異なり、2~10万円以上と幅があるようです。保険が適用される場合とそうでない場合をよく確認することが重要です。

費用は2万円〜10万円以上と、処置や施設によって異なります。美容外科では保険が適応されない場合もありますから、病院での治療が良いかと思います。(看護師)
日帰りでできる手術から、入院が必要な場合もあります。それに応じて手術費用がかかります。保険適応となれば両脇約5万円だったと思いますが、必ずかかられる医療機関にお問い合わせください。もし手術適応とならなければ、ボトックス注射など自由診療となる可能性があります。(看護師)

一度で良くなる場合が多いというワキガの手術。デリケートな悩みなだけになかなか病院で相談しにくいところですが、副作用や費用のリスクも踏まえて、治療施設や治療内容をきちんと検討する必要がありそうです。ワキガ治療には手術だけでなく、症状に応じて様々な方法もあります。信頼のおける病院で自分に合った治療法を見つけると良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加