歯を磨いているのに口臭が収まらない。原因は?

  • 作成日:2014.11.09
  • 更新日:2017.05.12
口臭

朝はもちろん、食事の後もちゃんと歯を磨いているのに、口臭がするのはナゼなのでしょうか?今回は、職場の人に陰口を言われるほど、口臭が気になっている男性からのご相談です。

30代男性からのご相談:「職場の人に陰口を言われるほど口が臭い。原因は?」

1年くらい前から、ずっと口が臭いのです。初めは少し気になる程度だったのですが、最近は「はぁっ」と息をつくだけで、なんとなく匂ってくるのですごく嫌な気分になります。自分だけなら良いですが、最近は職場の人にまで陰口を言われるようになりました。しっかりと歯は磨いているので、何か原因として考えられることがあれば教えてください。

なた豆はみがき
TVでも話題!純国産なたまめ歯磨きの購入はこちら

なぜ歯を磨いているのに口臭が治まらないのか?

歯を磨いても口臭がなくならないのはなぜなのでしょうか? そこには口臭の原因が関係しているようです。では、どのような原因が考えられるのか、専門家にお聞きしました。

口臭の原因には様々なものがあります。口腔内であれば、虫歯、歯石、歯垢、歯槽膿漏、舌苔(舌についた白い苔のようなもの)、唾液の分泌低下など。他にも、胃腸の弱りや便秘、生活習慣、ストレスや疲れ、体力の低下などがあります。(看護師)
口臭の原因となり得るのは、胃の病気(胃炎など)や、便秘、唾液分泌の少なさ、食生活や生活習慣(喫煙や飲酒など)、歯周病(歯茎の状態が良くないこと)、舌苔(舌に付着した白いもの)、鼻の病気などが考えられます。(看護師)
一般的に、口臭の原因の多くは唾液の分泌不足にあると言われています。また、腸内の環境が悪かったり、血液の流れが悪いと、毒素や有害物質が皮膚に排泄され、口臭や体臭の原因になるとされています。(看護師)
あとは口の中の環境ですね。歯垢や、舌に汚れがたまっていると口臭の原因となります。これらのことを食生活、生活習慣で整えれば、完全に取り除くのは難しいかもしれませんが、匂いを抑えられると思います。(看護師)

口臭を予防するには何をすればいいの?

いま行っている口臭対策は原因に即したものなのでしょうか。まずは、そのチェックから始めてみましょう。

口臭対策の基本は、まず正しいブラッシングで歯を磨くことです。歯ブラシも1カ月おきに交換しましょう。唾液をよく出すには、よく噛むことが大切です。普段から噛むことを意識したり、ガムや昆布など固い物を積極的に食べてみてはどうでしょうか。(看護師)
舌苔に対しては、歯磨きの際に舌ブラシでブラッシングすると除去できます。唾液の分泌を促すために、食事の前に唾液腺(耳の下から顎にかけて)をマッサージすると良いでしょう。(看護師)
良く噛んで食べることも唾液量の分泌につながります。早食いは避けてください。動物性たんぱく質、油脂の多いものは避けたほうが良いと言われています。(看護師)
口腔内の自浄作用を促す唾液の分泌が少ないと、口の中が乾燥して雑菌が増えてしまいます。唾液量は、年齢を重ねると減る傾向にあるので、適度な水分の補給も大切です。(看護師)
腸内環境を整えるため、便秘予防のため、脂肪や動物性蛋白質、匂いの強い食品は控え、乳酸菌や繊維質を多く含む食品、生野菜や果物をとるようにしましょう。水分もしっかりとってください。(看護師)
腸内環境を整えるために、ヨーグルトなど乳酸菌を含むもの、排便を促すための食物繊維(お野菜等)を食べることも大切です。また、レモンや梅干しに含まれるクエン酸は、血液をさらさらにし、老廃物を流してくれる効果が期待できますので、サラダのドレッシングとして活用してみてはいかがでしょうか。(看護師)
便秘予防にもなるので、食物繊維の多いものや、野菜などの摂取も心がけてください。あと、口腔内の細菌が最も増えるのが就寝中のため、朝食抜きはNGです。(看護師)
飲酒、喫煙は控えましょう。遅い時間の食事を避け、規則正しい生活を心がけ、軽い運動や趣味でストレスを解消しましょう。マウスウォッシュも併用すると良いでしょう。(看護師)
コーヒーなどのカフェインを多く含むものや、スポーツ飲料やジュースなど糖分が多いものは、逆の作用を起こしたり、体重増加などの生活習慣病の要因にもなってしまいます。(看護師)
基本はやはり、規則正しい生活(適度な睡眠)と規則正しい食生活になりますので、できるところから取り入れてみてください。(看護師)

口腔内や、鼻の病気の場合には、専門医を受診。

虫歯や歯槽膿漏、鼻炎や副鼻腔炎といった病気がある場合には、歯科や耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療を受けましょう。

虫歯、歯石、歯垢、歯槽膿漏に関して心あたりがあれば、歯科での治療をお勧めします。(看護師)
意外に多いのが、歯周病や虫歯などの口腔、歯科的なものです。歯科で、歯や口腔内のチェックをしてもらうことをお勧めします。また、後鼻漏と呼ばれ、鼻水が口の奥や喉にへばりつき、口臭を発生させることがあります。アレルギー性の鼻炎や、副鼻腔炎など鼻の病気がある場合は口臭が起こりやすい状況にありますので、耳鼻科での治療をお勧めします。(看護師)

口臭の原因には様々な要因が考えられ、何か一つ、特定の原因というわけではないようです。歯磨きやマウスウォッシュ、規則正しい食生活や生活習慣といった、まずは自分でできるところからやられてみてはいかがでしょうか。

おすすめの口臭予防歯磨き粉

Brian(ブリアン)


≫商品の詳細を見てみる!

定期コース
初回特別価格
¥4,980(税別)
※送料無料
通常販売価格 ¥9,370(税別)
※送料別
おすすめポイント

虫歯予防のBLIS M18口臭予防のBLIS K12で口内環境を整えます。

・口臭の原因となる歯垢も除去。

・優しさにこだわり、殺菌剤、発泡剤、界面活性剤は不使用。

・あと味は爽やかなミント味

60日間の返金保障有り。

OraPearl(オーラパール)


≫商品の詳細を見てみる!

単品購入
初回割引価格
¥1,944(税込)
※通常価格¥2,160の10%オフ

※送料無料
2本定期コース
販売価格
¥3,672(税込)
※15%オフで1本当たり¥1,836

※送料無料
おすすめポイント

・薬用ハイドロキシアパタイトが白く輝く“歯本来の白さ”を取り戻します。

・薬用ハイドロキシアパタイトと歯周病予防のある塩化リゾチームを日本初の同時配合!

黄ばみ除去、口臭予防、殺菌効果、歯茎引き締め、色素沈着防止などをトータルケア。

今なら定期コースをお申込みの方全員に電動歯ブラシをプレゼント!


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。