健康

2016/10/13

悪玉コレステロールの値が高い! 数値を下げる3つの方法

悪玉コレステロールの値が高い! 数値を下げる3つの方法

普段、取り立てて健康について意識していない方ならば、悪玉コレステロールがどのようなものなのか、どうすれば下げられるのかご存知ではないかもしれません。ここで、改めて悪玉コレステロールについておさらいしましょう。

20代男性からの相談:「悪玉コレステロールを下げる方法はどういったものがありますか?」

私は前回健康診断をした時に、善玉コレステロールの値は正常で、悪玉コレステロールの値が高いと言われてしまいました。
そこで聞きたいのですが、悪玉コレステロールというのはいったいどんなものなんでしょうか。
また悪玉コレステロールの値を下げなさいと言われたのですが、具体的な下げ方が分かりません。悪玉コレステロールを下げる方法についても教えて欲しいです。次の健康診断には普通の値に戻したいのです。

悪玉コレステロールは動脈硬化の原因

悪玉コレステロールは死につながるような病気のリスクを高めてしまうものです。

悪玉コレステロールは、LDLコレステロールのことです。これは、身体に血液と一緒に身体に必要な酵素を運ぶ役目をしています。しかし、多すぎてしまうと血管の壁にへばりついてしまい、動脈硬化の原因になります。LDLコレステロールが140以上が脂質異常と診断されます。(看護師)
動脈硬化は脳梗塞、心筋梗塞を引き起こします。悪玉コレステロールを下げるのは、一番に生活習慣の改善が大事です。(看護師)

悪玉コレステロールを下げる3つの方法

悪玉コレステロールを下げる方法を専門家に聞きました。世間でもよく言われていることですので、しっかりと確認しておきましょう。

悪玉コレステロールを下げる方法は、3種類になります。(看護師)
1つ目は食生活の見直しで甘いものや肉類を基本的にカットし野菜中心の食生活にすることである程度下げることができます。野菜を摂取することでコレステロールの排泄に役立っているとの事ですので積極的に摂取してください。また、魚油は、コレステロールのコントロールをしてくれると言われています。魚の摂取もかかせないでしょう。(看護師)
2つ目は運動です。ここでの運動は、激しい運動ではなく会話ができる位で汗をかく程度の運動です。運動する事で血流がよくなり新陳代謝が上がることで排泄、分解が進むと言われています。(看護師)
3つ目は薬です。薬を使う時は基準値がどのくらい超えているかで判断されますが、善玉コレステロール値が正常なので相談者さんは、経過観察といったところだと思います。(看護師)

悪玉コレステロールを下げるには継続的な取り組みが必須

健康な身体というのは一朝一夕で手に入るものではありません。長い期間積み重ねてきたものが、異常な数値となっているのならば、正常な数値を取り戻すのにもそれなりの期間が必要だということを覚悟しておきましょう。

薬以外の方法を行う場合は、すぐに改善することはありません。数ヵ月単位で改善されていきます。劇的な数値の低下はなくゆっくりと進みますので、継続的な取り組みが必要です。(看護師)
今まで肉類中心の食事だったのではないでしょうか。まず、動物性脂肪は減らしてイワシ、サンマなどの青魚を多くとるようにします。(看護師)
野菜や海藻、きのこ類も悪玉コレステロールを下げてくれるので摂るようにしましょう。適度な運動も大切です。とくに有酸素運動が有効とされています。無理のないところから少しずつ始めてみるといいでしょう。(看護師)

悪玉コレステロールは日常のちょっとした工夫で下げることができます。悪玉コレステロールをそのままにしておけば、いずれは生命に関わる病と闘うことになります。日々の生活を見直して健やかに生きるのか、病気と向き合う日々を迎えるのか、選ぶのはあなたです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加