メンタル

2016/10/13

仕事でミスが減らない…集中力がなくなる3つの理由

仕事でミスが減らない…集中力がなくなる3つの理由

仕事のミスが原因で夜眠れなくなってしまうのはうつ病なのでしょうか? 慣れない仕事を続けて、会社に行くのが億劫になってしまっては、毎日が苦痛になってしまいます。どのような解決策があるのかを見ていきましょう。

30代男性からの相談:「仕事中に集中力が続かず、寝不足気味です。うつ病でしょうか?」

最近仕事をしていても、どうにも集中力を欠く事が多く注意を受ける事が多いのです。
自分でももっと注意して仕事をしようと思っているのですが、慣れない仕事に悪戦苦闘していて細かい事にまで気が回らないです。
それでいつも仕事が終わって家に帰って急に頭痛になったり、また仕事のミスがないか気になったりして夜もなかなか寝付けない状態です。
寝ても夢の中でも仕事の夢を見る事が多くてぐっすり眠れないです。これはうつ病の症状と見て良いのでしょうか?

今回のケースはうつ病が原因ではない

うつ病の特徴が現れているからといって、必ずしもうつ病であるとは限りません。

集中力の低下や夜寝付けない、眠っても眠った気がしないといった症状は、確かにうつ病で認められるものですが、相談者様の場合は、慣れない仕事をされておられるためで、うつ病ではありません。(医師)
今回の場合は、睡眠不足が仕事への影響が大きくでていると考えられます。(看護師)

慣れない仕事が心労に繋がっている

人間は新しいことには不慣れです。ミスはついて回るもの。しかし、ミスを繰り返して気にしすぎてしまうと、それが精神的なストレスとして心にのしかかってきます。そんな相談者さんの現状を改善するための方法も専門家にお聞きしました。

集中力がなくなる原因には、3つあります。食事のバランスが悪い、運動をしていない、睡眠不足になっている事にあります。(看護師)
人は、そこまでたくさんの事を一度にできるわけではありませんので、不慣れな仕事をすると、その仕事にとにかく慣れようとして、そのことで頭がいっぱいになり、他の事にまで気が回らなくなってしまう上に、常に緊張状態で気を遣いながら仕事をしている状態ですので、精神的にも身体的にも疲弊しやすくなり、ミスを連発したり、緊張から肩こりや頭痛が起こったりします。(医師)
仕事でミスが多くなってくると、自分がしたことへの自信がなくなってきますので「またミスしていないだろうか?」と不安になり、24時間仕事の事が頭から離れなくなってしまいます。これが今の相談者様の状態で、うつ病というよりは、心身の疲労蓄積状態です。(医師)
早急に睡眠不足を改善することで集中力の向上や仕事のクオリティにも影響しますので優先的に治していくことが望ましいです。(看護師)

自分をフォローする状態を作る

今はうつ病ではないとしても、心労が溜まり続けてしまうことで心の病にかかる可能性は高まってしまいます。仕事のミスが気になる場合は、仕事の進め方も見直していくのがいいかもしれません。

身体に異変を感じると精神的なダメージを受けてしまいます。強いストレスなどが原因で、うつ病になってしまう場合もあるので注意が必要です。(看護師)
慣れない仕事で全くミスをしないというのは難しいのですが、仕事である以上、そういうわけにもいきませんので、仕事の流れや今日こなす仕事についてのチェックリストのようなものなものを作成して、仕事全体、そして一つ一つ確認できる体制づくりを行ってみると良いかと思います。(医師)
休みの日には、仕事から少しでも解放されるために、趣味活動などをしてみられるのも良いかと思います。(医師)

気にある場合は、心療内科へ

心の病はケースバイケースです。どうしても気になる場合は、医療機関を受診するのもいいでしょう。

うつ病には、個人によって症状が様々です。うつ病の症状が睡眠不足というのはありますが、心療内科に受診してもいいでしょう。頭痛に関しては、緊張性頭痛の可能性があります。ストレッチや入浴によって改善することもありますので試してみてください。(看護師)

慣れない仕事に適応しようと頑張ることは素晴らしいことです。しかし、そう思うあまり、失敗を必要以上に恐れてしまうと、それは心の疲れに繋がってしまいます。まずはしっかりと眠る時間を確保して、仕事の進め方を見直してみましょう。どうしても改善が見られない場合は、医師の診断を受けることも視野に入れておくと心が楽になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加