メンタル

2016/10/10

中間管理職で精神的につらい…この状況どうしたら打開できる?

中間管理職で精神的につらい…この状況どうしたら打開できる?

中間管理職は上司と部下の間で板挟みに遭い、最も気苦労が絶えない時期だといえるでしょう。そんなストレスのかかる状況でも弱音を吐くことができない人がいます。そんな時、疲れてしまった心をどうすればいいのでしょうか。

30代男性からの相談:「誰にも悩みを相談できない時はどうすればいいですか?」

38歳男性会社員、オペレーション業務の中間管理職をしています。人を管理する立場になって、この業界に入ってくる人は本当に自由なので、採用試験にそもそも来ない方や、採用しても出社しない方や、無断欠勤する方など、管理を任された人たちのあまりの傍若無人ぶりに心が完全に折れてしまい、明日は自分が無断欠勤する側になってしまいそうな不安を抱えながら、毎日やっている状況です。ヒラに戻るか、いっそ辞めてしまうか、家族に泣き言をいいたいのですが、妻も依存的な女性で、頼れる強い夫として幻想を抱いているので、泣き言を言えません。誰にも泣き言を言えない時はどうしたらよいでしょうか。

様々なカウンセリングを利用しよう

現在は心の問題に対応してくれるサービスが数多く存在しています。家族に弱さを見せられないのであれば、第三者に話を聞いてもらうのが一番いいでしょう。わざわざ直接対面する必要のないカウンセリングもあるようです。

ご家族の方に仕事上の愚痴など、辛い気持ちを話すことができない場合は、カウンセリングや役場などが実施している心の相談を利用してみるのもいいかもしれません。心の中に溜まった辛い気持ちを他人に話し、自分自身の中に辛い気持ちやストレスを溜め込まないようにします。(医師)
最近では、対面ではなく、電話対応でカウンセリングや心の相談を行っているところも多いですので、一度インターネットで調べてみられるのが良いかと思います。(医師)

泣き言を言えない理由を突き詰めていきましょう

今回の相談者さんは奥様に泣き言を言えない理由を自分なりに分析しています。ですが、その分析は本当に正しいのでしょうか。専門家から相談者さんの分析に対する指摘を頂きました。

中間管理職は、自分も仕事を手一杯抱えながらも、部下を管理する立場のため、職場では相談する相手が少ないのが現状ですよね。ですが、職場はあなたが一生過ごす場所ではありません。(看護師)
あなたがストレスで体調を壊した時や仕事を続けるかを考えた時、奥様と相談することなしに将来設計を抱くことはできません。あなた自身が「頼れる強い夫」でありたいと、奥様に接していませんでしたか? 自分の「ありたい姿」に、奥様が合わせていただけの場合もあります。(看護師)

ストレスを溜め続けることで、うつ病の可能性が

ストレスをそのままにしておくと、心の病気に発展してしまう危険性があります。心の余裕があるうちに、ストレスを解消できる場を見つけるようにしましょう。

辛い気持ちやストレスを自分自身の中にため込んでおくことは、うつ病になりやすいと言われていますので、ご家族の方が難しいのであれば、話を聞いてもられるところで、話をして、気持ちを開放し、一時的にでも精神的なストレスを減らす対応が必要になってきます。(医師)
家族だけが、苦難を一緒に乗り越えてくれる存在です。弱い自分を奥様に見せることで、夫婦の絆が深まる場合も多いもの。少しずつ、奥様に仕事の悩みを伝えてみてはいかがでしょうか。(看護師)

苦労を抱えている時、人は「自分だけが」というようなネガティブな思考を抱きがちになってしまいます。そうした内向きの感情は、ストレスを心の病のきっかけに変質させてしまうことがあります。「自分だけが」と一人で抱え込むのではなく、心をオープンにしていくことも必要なのかもしれません。独りだと思っていても、あなたを見ている人はいます。素直に自分の心をさらけ出す時が人生には必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加