ED

2014/11/05

EDは普段の生活習慣の改善で、予防ができる?

EDは普段の生活習慣の改善で、予防ができる?

勃起機能の低下を意味するED。正常な勃起には神経と血管の関係が深いため、EDの場合は十分な血液が動脈に流れ込んでいないか、勃起につながる神経に問題がある可能性があります。EDを改善するには、普段の生活を見直して血管や神経を良好に保つ必要があります。

30代男性からの相談:「EDの予防法」

EDになると、性欲があっても十分に硬くならない、勃起が持続しない、勃起に時間がかかるなど、性行為を満足にできなくなります。今回の相談者は食品やサプリメント、運動で予防できないか検討しています。普段の生活でできる予防法はあるのでしょうか。

今は大丈夫なのですが、そのうちEDになりそうな気がしてなりません。精神的なものが原因のEDは予防しようがないと思うのですが、他の原因は予防は可能なのでしょうか?もし可能でしたら薬品以外の方法を教えてください。食品やサプリメント程度の接種や運動等がありましたら具体的な方法、とるべき栄養素をおしえてください。よろしくお願いします。

食生活では亜鉛、アルギニン、ビタミンCなどを意識しましょう

EDを予防するためには、まず食生活を見直すのがいいでしょう。食生活で大切なのは、亜鉛やアルギニンの摂取が挙げられます。また、ビタミンの摂取も重要です。

食生活を見直すことによって、EDの予防だけではなく生活習慣病の予防にも繋がります。効果がある栄養素としては、亜鉛・アルギニンが挙げられます。亜鉛はかき、抹茶、煎茶、レバー、牛肉、たまごやチーズなどに含まれています。ビタミンCと一緒に摂取すると亜鉛の吸収率がアップするので、ED予防には効果的です。補助的に亜鉛やビタミンCのサプリメントを摂取するのも良いかと思いますアルギニンは、山芋、鶏肉、乳製品、ごま、玄米、ナッツなどに含まれています。(看護師)
ビタミンB(ナッツ、たらこ、レバー)は男性ホルモンを促す作用があり、ビタミンE(うなぎ、いわし、モロヘイヤ等)は血液をサラサラにし、EDの克服にも効果的といわれています。バランスよく食べ、脂っこいものは控えましょう。(看護師)

スクワットなどで骨盤低筋群を鍛え、血液の循環を良くしましょう

日常的に運動をすることにより、EDの予防につながります。激しい運動をするのではなく、無理なく続けられる運動を継続することが大切です。

運動はスクワットを行うことで骨盤底筋群が鍛えられるので予防に効果的です。ウォーキングなど軽く汗をかく程度の運動も継続して行うことによって、血液循環が良好となり予防にも繋がっていきます。(看護師)
ご自身で続けられる無理のない運動をされると肥満防止やストレス軽減にも繋がりますので、参考にしていただければと思います。(看護師)

EDにならないためには、普段の生活を健康に保つ必要があります。成人男性の3人に1人がEDを発症しているとも言われており、EDは男性にとって身近な問題です。EDにならないためにも、健康な生活態度を心がけましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加