健康

2014/11/05

なかなか治らない頑固な水虫、良い治療法は?

なかなか治らない頑固な水虫、良い治療法は?

中高年男性の悩みの代表格とも言える水虫。以前からたまにかかっていたものの、ここ数週間で見るも無残に悪化してしまったとのこと。指の間を綺麗に洗い、塗り薬を塗るなどケアをしてもなかなか治らないという男性からの質問です。

40代男性からの質問:「水虫について知りたい」

前から水虫にはたまになっていましたが、特にここ数週間で水虫の悪化が酷いです。足の指の間がほとんど水虫にやられています。見ると汚くて不快な気持ちになります。ここ数週間は指の間を綺麗に洗って清潔にしているつもりなのですが、どうしても治りません。洗ってケアすること、塗り薬を塗ること以外で良い治療方法はないでしょうか。

水虫の原因、白癬菌の繁殖を防ぐ対策を。

頑固な水虫の原因は、白癬菌の繁殖によるもの。足を洗う以外にも、日常生活で菌の繁殖をさせない対策が必要なようです。

水虫は白癬菌の繁殖によるもので、なかなか完治しにくく、痒みなどの症状はやっかいなものです。高温多湿を好みますから、靴下を履きっぱなしにしないこと、足を乾燥させておくことが菌の繁殖を防ぎます。(看護師)
お布団やカーペット、バスマットなど、直接足が触れるものは頻回に交換したり、天気の良い日は干して清潔にしてください。(看護師)

足のケア法にもひと工夫を。

足を洗う際もただ洗うだけでなく、足浴や石鹸の種類などのひと工夫を加えることによって、より効果的なケアができるようです。 塗り薬は症状に合わせた選択が重要だと言います。見た目がきれいになっても、継続して塗らないと再発する場合も。ホームケアでなかなか改善しない場合は、皮膚科で治療法を相談することも必要かもしれません。

酢を温めて足浴したり、ミョウバン液や緑茶で足浴するのも効果があると言われています。石鹸は除菌効果のあるものが良いでしょう。(看護師)
塗り薬は市販薬でも色々な種類がありますから、症状に合わせて選んでください。長期にわたって治療が必要ですので、通院できれば定期的に皮膚科を受診し、経過に合わせた治療をするのが良いかと思います。(看護師)
塗り薬を塗って見た目が綺麗になってからも、更に半年は塗らないと再発する恐れがあります。(看護師)

白癬菌の繁殖によって悪化する水虫。足自体のケアだけでなく、日常生活の中で白癬菌の繁殖を防ぐ工夫をすることも水虫対策の秘訣と言えるでしょう。一方、塗り薬など症状や経過に合わせた治療が必要な場合もあるので、なかなか改善せず不安な人は、皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加