健康

2016/09/20

サプリを飲み続けることで痛風リスクが高まることがある?!

サプリを飲み続けることで痛風リスクが高まることがある?!

手軽に栄養を摂取できるサプリメント。しかし、思わぬリスクを感じている方もいらっしゃるようです。今回の相談者さんが気にしているのは、サプリメントが痛風のリスクを高めてしまうのかということ。はたして、サプリメントは安全なのでしょうか?

50代男性からの相談:「毎日飲むサプリメントは痛風リスクを高めてしまうのでしょうか?」

毎日1回サプリメントを飲んでいます。血液がサラサラになり、頭の老化を抑えるDHAとEPAの入ったものです。痛風の大敵であるプリン体の少ない食物を慎重に選んで、摂るようにしています。たとえば、鰹節、魚卵、ホルモンなどは極力摂らないようにしています。さらにビールは毎日飲むので、プリン体ゼロのものにしています。しかし、サプリメントは口にするものなのに死角でした。毎日飲むだけに気になります。サプリメントは痛風にとって大丈夫なのでしょうか、教えてください。

プリン体カットのサプリはメーカーごとに異なる

DHAとEPAは魚由来の成分となっています。そのため、原料由来のプリン体が含まれていることがあります。そうした製造過程での情報はメーカーに直接問い合わせるのが一番良さそうです。また、メーカーがプリン体をカットしていることをパッケージに明記している場合もあります。

サプリメントのDHA・EPA自体にはプリン体は入っていませんが、サプリメントは食品扱いですので、使われている材料である魚類によりプリン体がどの程度入っているかはメーカーに聞かないとわかりません。(医師)
DHA・EPA自体は、身体にとても良い栄養成分です。DHA・EPA自体にはプリン体は含まれていませんが、DHA・EPAの原料は多くが魚油だと思いますので、魚由来のプリン体がどれぐらい含まれているのかは、メーカーに確認しなければ詳しいことはわかりません。メーカーによっては、サプリメント中にプリン体が一切入っていないときちんと確認しているメーカーもあります。そのようなメーカーのサプリメントを選ぶと安心ですね。(薬剤師)

痛風の薬を服用している時には、医師のアドバイスが大切

痛風リスクを抑えるためには、医療機関を受診するのが望ましいようです。痛風の治療薬を服用している場合は、サプリメントの選択はとても重要です。薬の飲み合わせについては、個人手調べるよりも、医師の指示を仰ぐようにしましょう。

血中濃度の数値が7mg/dl以上の場合、高尿酸血症と呼ばれます。医師に診断されたら気を付けるべき項目の入った冊子が渡されると思います。おっしゃる通りプリン体を多く含む食品は避けて適度の運動を行い痛風対策をしてください。食事も暴飲暴食で尿酸値を上げる原因となります。将来的に生活習慣病もなる可能性があるので気を付けてください。(医師)
もし痛風の治療薬を何か服用されているようでしたら、サプリメントは薬との飲み合わせについても確認する必要がありますので、主治医の先生に飲んでいるサプリメントを全て開示し、相談されてみてください。(薬剤師)
痛風は尿酸値を下げることが一番ですので、食事療法を行い医師から処方してもらい、薬を服用する事が大事です。尿酸値を下げる薬はザイロック・アロシトールフェブリク・ユリノーム・ベネシットがありますので病院の糖尿科の医師に相談されて処方してもらってください。(医師)
サプリメントは痛風のリスクを高める事はまだはっきりしてませんので、サプリメントに頼らずに処方薬を試されたほうが良いです。(医師)

サプリメントで手軽に栄養素を補給できるのは、とても便利なことです。ですが、今回の相談者さんのように、思わぬリスクが潜んでいる場合もあります。自分の知識の及ばないことに関しては、専門家のアドバイスを取り入れるようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加