健康

2016/09/16

血圧を下げるには食事改善と運動…平均体重+10kgなら減量を

血圧を下げるには食事改善と運動…平均体重+10kgなら減量を

年齢を重ねて、はじめて自分の健康に気を遣うようになったという方は少なくないでしょう。今回の相談者さんは、診断で高血圧と判明して、健康な日々を取り戻したいと考えています。しかし、なかなか結果に結びつかずに悩んでいるご様子。一生薬を飲んで生活しなければならないのかという不安を抱えています。

40代男性からの相談:「薬を飲み続けないと正常な血圧を維持できないのでしょうか?」

私は現在47歳ですが、20歳の頃から高血圧です。20歳の頃は飲酒をしていませんでしたので、血圧が高い理由としては遺伝か、塩辛い食べ物を摂取していたからかと思います。それから20数年、現在は飲酒をしています。20年ほど喫煙者でしたが、3年ほど前に禁煙成功しました。毎年の健康診断では、深刻な数値ではないが、高血圧気味と言われ続けて安心していましたが、5カ月前の診断で上が190と素人でも高すぎると分かる数字に驚きました。さすがに危機感を覚えましたので、酒を減らし、塩分を減らし、運動を始めました。倒れてから後悔したくないですし、まだまだ長生きしていきたいので、自分の命は自分で守ろうと取り組んでおりますが、なかなか思い通りに下がってくれません。血圧を下げる薬を服用した時だけはいい数字になります。このまま一生薬を続けていかなければならないのでしょうか?

高血圧は遺伝の可能性もあるが、他の病気が引金になることも

高血圧の原因は多岐にわたります。遺伝や食習慣、そして他の病気などです。特に、相談者さんの事例では降圧剤を内服することで症状が落ち着くということから、動脈硬化の可能性も指摘されています。

高血圧は遺伝も関与しており、両親が高血圧でしたら遺伝の可能性はあります。血圧のコントロールは食事にも関与しており、塩分や油濃い食事などを多く摂取されてますと血圧も上がります。(医師)
20歳の頃から高血圧だということですが、他に病気を指摘されたことはないのでしょうか? 腎臓や甲状腺の病気があると、若くても血圧が高くなります。降圧剤を内服すると数値が落ち着くという事は、動脈硬化も進んでいるのではないかと思います。動脈硬化が進むと、血圧のコントロールも降圧剤を飲まないと難しくなります。肥満、塩分過多、喫煙、ストレス、高脂血症は血圧を上げる原因です。(看護師)

血圧を下げるには、なによりも食事改善と運動

食事で血圧をコントロールするためには、減塩や脂肪摂取に気をつけるといいでしょう。運動も大切ですが、身体に負担のかからないものを継続して行うのがいいようです。目安となる体重は、平均年齢プラス10kgです。それ以上重い場合は減量に努めましょう。

減塩はもちろんですが、肥満やコレステロールが多い場合は、脂肪分を控えた方がいいと思います。脳梗塞、心筋梗塞のリスクが上がります。40~50代は仕事でもストレスが増えてくるので、血圧が上がるようになったと感じることが多いでしょう。(看護師)
少し心配なのは急に上が190まで上がったことですが、頻繁に190台の血圧が上がっているのならお薬で抑えないといけません。現在、お酒は少量とたばこはやめておられるのでしたら、食事療法でまず血圧コントロールしてください。運動は少しずつ、軽度の運動から始めて下さい。軽いジョギングや散歩から行いましょう。現在の体重は分かりませんが、平均年齢体重より10kg以上重ければ、減量に努めてください。(医師)

血圧のモニタリングを欠かさずに

自宅でも気軽に血圧が測れる商品も販売されています。毎日の血圧のモニタリングは身体の状態を知る手掛かりとなります。変動具合によっては、今後も身体のメンテナンスが必要になってくると思われます。

自宅でも朝晩と血圧を測ってチェックは欠かさないようにしてください。運動は負荷のかかるものより、ジョギングを軽く30分程度、毎日するのをお勧めいたします。(看護師)
毎朝起きて1時間後ぐらいしてから血圧を測ってください。毎日同じ血圧かを見てください。変動が大きく15以上あるようでしたら両腕で右と左の血圧測定してください。10~20の差でしたら誤作動かもしれませんので、心配はないと思われます。それ以上でしたら、動脈硬化症や血管狭窄があり、一番重いのが大動脈解離が心配です。もし何かございましたら、ご自身の判断で病院を受診するといいでしょう。(医師)
若いときに指摘されても放置する人も多いのですが、治療されてきたので、今の状態で落ち着いているのだと思います。降圧剤でコントロールしている状態ですので、受診は継続するのがいいと感じます。(看護師)

若い頃と違い、家族や仕事を持ち自分だけの身体でなくなっている方もいらっしゃるでしょう。日々、自分の身体の状態を知るということは、とても大切なことです。生活習慣や食習慣を見直し、適度な運動を行う…。健康的でアクティブな生活が様々な疾病リスクからあなたを守ってくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加