体臭

2016/09/07

足の臭いがひどい!汗を抑えることはできるか?

足の臭いがひどい!汗を抑えることはできるか?

汗をかいて足が蒸れたまま靴を履き続けると、脱いだ時不快な臭いがして周囲にも気を遣ってしまいます。毎日きちんと入浴もして、爪の手入れなどをしてもマシにならない足の臭いは、どうすれば改善できるのでしょうか。

30代男性からの相談:「汗かき体質だが、足の臭いをどうにか抑える方法は?」

小さい頃から足の臭いがきつく、長年野球をしているのですが試合後などにスパイクシューズを脱いだら、何ともいえない臭いが充満して周囲の人には確実に不快な思いをさせていると思います。汗かき体質ではありますが水虫などはなく、爪もこまめに切っているのに一向に臭いが改善しません。体質上汗を抑えることは難しいと思いますが、何か少しでも改善できる方法はないでしょうか。(30代・男性)

ツボ押しや、パウダータイプの制汗剤など

即効性はありませんが、ツボ押しを試してみるという方法もあります。制汗剤については汗腺を塞いで汗を抑えるという商品もあるので、そういったものを試してみるのもよいでしょう。

手から手首にかけていくつか汗を抑えるツボというものがあり、合谷(ゴウゴク)など他にもいくつかあります。劇的な変化はないかもしれませんが、コツコツ続ければ効果は期待できる可能性があります。(看護師)
体温の上昇や汗による湿度の上昇、それに皮脂汚れなどが加わることで菌が繁殖して臭っている可能性があります。汗を全くかかないというのは難しいですが、パウダータイプのものを足に塗り込み蒸れを抑える、汗腺を塞いで汗をかかないようにするなどの製品があります。(看護師)
同じように悩まれている方は大変多く、インターネットでミョウバン・重曹と検索すると足の臭いが改善したという方もいるようなので、試してみるのもよいでしょう。(看護師)

できるだけ通気性をよく

靴の素材によっては通気性が悪く蒸れが激しいものもあるので、毎日同じ靴を履かずに数足をローテーションし、履いた靴はしっかり乾燥させましょう。靴だけではなく服装も涼しいものを着用し、体温が上昇して汗をかいてしまうのを未然に防ぐことも大切です。

通気性のよい服や靴を選ぶだけで、大きな変化があるでしょう。通気性が悪いと湿度も温度も上がって、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。効率的に体温を下げるには、首や脇や膝の裏を冷やしましょう。(看護師)
足の臭いが気になるとのことですが、問題は足だけにあるとは言い切れません。靴は毎日交換して2日は乾燥する時間を作ったり、こまめに洗うことも重要です。(看護師)

足の臭いに悩む人は多いようですが、靴はできるだけローテーションして履くようにし、しっかり乾かす時間を作りましょう。また、制汗剤も様々なタイプがあるので色々試してみて、自分に合ったものを使用するなど工夫してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加