髭・体毛

2016/09/01

埋没したひげの処理で肌に色素沈着が…改善法は?

埋没したひげの処理で肌に色素沈着が…改善法は?

男性の悩みのひとつに「青ひげ」があります。ひげの剃り後が青黒く見えてしまうことをいいますが、実は色素沈着も青ひげの一因になるそうです。色素沈着はどうすれば改善するのでしょうか。また正しいひげの処理とはどのようなものでしょうか。

20代男性からの相談:「ひげを抜いたあとの色素沈着の改善法は?」

私はひげを毛抜きで抜いています。埋没毛はほじって抜いているのですが、しばらく経つと抜いた場所が黒ずんで痕が残ってしまいます。顎にできてとても目立っており、友人にも指摘されてしまいました。なんとか自力で治そうと思い、洗顔したり保湿クリーム等を塗ったりしましたが、一向に改善が見られず困っています。色素沈着の改善方法を教えてください。(20代・男性)

ひげを無理に抜くと、色素沈着や埋没毛を繰り返す原因になる

ひげを抜く刺激でメラニン色素が増えて色素沈着が起こります。無理にひげを抜くと、色素沈着や埋没毛を繰り返したり、感染症を起こす原因になってしまいます。

ひげを抜くことで起こる色素沈着は、皮膚の局所を刺激することでその部位のメラニン色素が異常に増えてしまうからだといわれています。肘や膝など普段からズボンなどで擦れたり、机などに肘をつくような癖があると、どうしても黒っぽくなってしまいます。それも刺激によりメラニン色素が増加しているからなのです。(看護師)
毛抜きをした後にできる埋没毛は無理に抜いてはいけません。無理に抜くことで皮膚が傷つき、色素沈着や埋没毛を繰り返す原因にもなります。また、髭を抜いたときに雑菌が侵入しやすく、毛嚢炎を起こすこともあります。(医師)

ひげは「抜く」より「剃る」、さらに肌のターンオーバーを整えて

ひげは抜くよりも電気シェーバーで剃った方が、肌への刺激は少ないです。埋没毛はできるだけ生えてくるのを待ちましょう。色素沈着の改善には、生活習慣や食事を見直し、肌のターンオーバーを整えることがポイントです。

肌に色素沈着させないためには「下手に刺激を加えない」ことです。ひげを抜き続けていれば刺激も断続的に加わるので、色素沈着が改善することはないでしょう。抜くことをやめ、さらにカミソリよりも電気シェーバーにしたほうが刺激は少なくなります。他に、古い角質を落としたり保湿をすること、ビタミンC・Eの摂取も効果的だといわれています。(看護師)
埋没毛はそのまま生えてくるのを待った方がよいですが、気になるなら、スクラブ入りの洗顔剤でマッサージするように洗顔したり、肌をお湯で温めて皮膚が柔らかくなった状態で、ピーリングを行ってみてください。(医師)
色素沈着が起こってしまったら、無理にひげを抜くことは避けて、肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)を整えましょう。個人差はありますが、約28日で古い角質が剥がれて新しい皮膚が再生します。できるだけ規則的な生活で、夜、特に22時~2時の間は睡眠をとるようにしてください。食事はビタミンを含むものを多く摂るとよいでしょう。また、適度な運動で汗をかくことも、ターンオーバーを促進させる効果があります。(医師)

ひげを無理に抜くと、色素沈着や埋没毛を繰り返したり感染症の原因になってしまうので、剃る方がよいそうです。埋没毛は生えてくるのを待ち、色素沈着の改善には生活習慣や食事を見直して、肌のターンオーバーを整えることがポイントだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加