多汗症

2016/08/07

ものすごい汗かき体質、少しでも汗を減らしたい!

ものすごい汗かき体質、少しでも汗を減らしたい!

汗をたくさんかくのは悪いことではないですが、特に人と会う仕事をしていると、見た目も臭いも気になってしまうものです。少しでも汗を減らしたいという男性、何かよい解決策はあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「物凄く汗をかく体質で困っています」

私は凄く汗をかく体質です。汗をかくのは代謝がよいので素晴らしいことだと言われますが、汗っかきの人からすると本当に大変です。私は人と会う仕事をしているので、汗をかいたあとの臭いなども気になるため、常に制汗スプレーやボディペーパーなどを持ち歩いています。無理に汗を止めるのはあまりよくないのかもしれませんが、少しでよいので汗をおさえたいと思っています。何かよい方法はないでしょうか。(30代・男性)

ツボを押す、動脈を冷やすなどの方法を試してみて

汗を抑えるのに有効とされる3カ所のツボを探して押してみましょう。また、脇やひざの裏を冷やすのも有効です。

汗を抑えるツボがあります。コケイという小指の付け根あたりの場所や、インゲキという手首の付け根小指側の部位や、親指と人指し指の間にあるゴウコク、これらは衣服を着用していても刺激できる場所なので、時間を見つけては刺激してみてください。場所は説明しにくいので、画像検索など参考にしてください。他にも汗を抑えることが出来るツボがあるので、調べてみて下さい。(看護師)
脇や首の裏、ひざの裏を冷やすのも効果的です。これらの部位には動脈が通っているため、冷やすことで体温を下げやすいのです。ひざ裏は見えないので、冷却材シートなどを貼っても良いかもしれませんね。(看護師)

臭い対策を意識した肌着の素材選びを

汗を減らそうとするだけでなく、かいてしまった汗を臭わせないために、速乾性や消臭・殺菌効果のある素材を用いたインナーを選ぶのもよい方法です。

インナーとして肌着を身につけられてはいかがでしょうか。インナーは素材が重要で、なんでも良いわけではありません。衣料品やスポーツ用品店で購入でき、速乾性に優れるもの、汗の臭いを消臭する効果があったり、殺菌成分があったりと、汗をかいた後心地よく過ごせると思います。(看護師)

汗を抑えるツボを押したり、首やひざの裏といった動脈のある所を冷やしたりすることで、汗の量を減らせるかもしれません。また、速乾性や消臭・殺菌効果のあるインナーを選択するのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加