健康

2016/08/01

コリン性蕁麻疹…?汗をかくだけで湿疹が。完治方法は?

コリン性蕁麻疹…?汗をかくだけで湿疹が。完治方法は?

汗をかくだけで湿疹ができてしまうと、夏の時期や入浴時には困ってしまいます。ネットで症状を検索し、コリン性蕁麻疹ではないかと考えている男性から相談が寄せられました。この厄介な症状、完治する方法はあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「毎日肌の湿疹に悩まされています」

汗をかくだけで上半身の皮膚の弱い場所に、蚊に刺されたような湿疹ができます。毎日の入浴もそうですし、ペットとの散歩で夏の時期は必ず出ます。以前ワセリンを湿疹に塗っていましたが、次の日になるとまた湿疹が出てしまいます。ネットで調べるとコリン性蕁麻疹と書かれていましたが、完治する方法はないのでしょうか。みんなで銭湯に行くこともできないですし、海でも出てきてしまうのでいつもラッシュガードを着ています。(30代・男性)

汗を抑える工夫をし、こまめな拭きとりを

汗が引き金となって蕁麻疹が起こるため、まずは汗をかきやすい状況を避ける工夫が必要です。汗をかいたらこまめに拭くこと、ストレスをためないことも心がけましょう。

コリン性蕁麻疹は、汗をかくことで起こる蕁麻疹ですが、神経伝達物質であるアセチルコリンの影響や、自分の汗にアレルギー反応を起こしているとも考えられ、明確な原因ははっきりしていません。おっしゃるように汗をかくと蕁麻疹がでますが、汗をかかないわけにはいきませんから、吸収性のいい肌着で汗をかいたらこまめに拭きとってください。(医師)
熱い食べ物や刺激物は汗をかきやすいのでできるだけ控え、体温が上がってきたら、ワキの下や首筋を冷たいタオルなどで冷やしてみてください。入浴の後は、ぬるいシャワーで体温を下げてから出てください。(医師)
精神的なストレスも関係してくるので、まずはストレスを溜めないことが大切です。(看護師)

自己判断での診断はせず皮膚科受診を

ネットで調べて自己判断でコリン性蕁麻疹だと決めつけるのはよくありません。一度皮膚科を受診し、専門家の診断と指導を仰ぐのが賢明といえそうです。

残念ながら現在特効薬はなく、完治は難しく何度も繰り返すため、日常生活の中で対処していくしかないでしょう。しかし、ネットで調べての自己判断はよくありませんから、皮膚科を受診してください。(医師)
治るまでの期間も個人差があり、数カ月の人もいれば数年かかる人もいます。残念ですが、直射日光下である海に行くこと、銭湯などはお湯の温度も高いのでしばらくは控えられることが必要かと思います。みんなができて自分だけできないというのもストレスでしょうから、一刻も早く皮膚科を受診して相談されてください。(看護師)

汗がきっかけで湿疹が出るコリン性蕁麻疹の対処法としては、熱い食べ物など汗の出やすい状況を避け、汗をかいたらこまめに拭きとるとともに、ストレスをためないように注意しましょう。しかし、ネット上の情報に基づいて自己診断をするのではなく、一度きちんと皮膚科を受診することがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加