薄毛

2014/11/01

職場の人間関係によるストレスから薄毛に!これって育毛剤で治せますか?

職場の人間関係によるストレスから薄毛に!これって育毛剤で治せますか?

精神的ストレスが長く続くことで自律神経のアンバランスをきたし脱毛を招くことがあります。精神的ストレスからくる脱毛症と言えば円形脱毛症が有名ですが、円形脱毛症と神経性脱毛症の違いは不正形や地図状に抜けてくることが多いということです。今回の相談は職場の人間関係に悩む男性からのものです。最近家族に指摘されるほどに髪の毛が薄くなってきたとのことですが、どのように対応すればよいのでしょうか?

30代男性からの相談:「職場の人間関係のストレスから髪の毛が抜けてきました」

家族に指摘されるようになった薄毛。市販の育毛剤で対応したいと考えていますが…。

職場の人間関係に悩まされるようになって、髪の毛が薄くなってしまいました。最初のうちは、ほとんど気にならない程度だったのですが、今では家族からも指摘されるほどに薄くなっています。男性型脱毛症かな、と思い対処する必要性を感じています。市販されている育毛剤で、なんとか髪の毛を元通りにすることはできるのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)か神経性脱毛症か判断が出来ません。一度皮膚科で診てもらいましょう。

AGA(男性型脱毛症)と神経性脱毛症では治療が異なります。まずは医師に診断してもらいましょう。

男性型脱毛症か神経性脱毛症(ストレスによる脱毛症)のどちらか判断がつきにくい状態です。まず皮膚科を受診して、どの脱毛症なのか診断してもらうのが良いと思います。それぞれ治療法や対処法が異なります。(看護師)
薄毛の原因は遺伝だけではなく、食生活やストレス、睡眠不足、喫煙などの生活習慣や、日頃行っている頭皮のケアも関係してきます。(看護師)

神経性脱毛症の場合、ストレスを取り除かなければ育毛剤を使用しても効果がありません

職場でのストレスなどの逃れようのないストレスの場合、上手なストレス発散方法を見つけることがポイントです。

神経性脱毛症の場合、ストレスの原因を取り除きながら、同時進行で薬を使用することで、効果は倍増すると考えられます。市販の育毛剤にもいくつか有効なものはありますが、皮膚科を受診され、脱毛の状態にあった薬剤を処方してもらうのが良いと思います。できるだけ早期に対応されたほうが、脱毛の進行がくいとめられますよ。また、人間関係のストレスについては、深刻なものであればカウンセリングなども受けられてはいかがでしょうか。(看護師)

一口に脱毛といってもその原因は様々です。今回の相談はストレスが原因で薄毛に悩まされている男性からでした。まずはどのような原因で脱毛しているかを知るために皮膚科を受診することから始めてみましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加