体臭

2016/07/09

どう対処すれば?本人が気づいていない体臭

どう対処すれば?本人が気づいていない体臭

身近にいる家族だからこそ、その体臭が気になり始めるとつらいものです。本人が自分の体臭に気づかないということは、あるのでしょうか。その場合、どうすれば臭い解消につなげられるのでしょうか。

40代男性からの相談:「同居している弟の体臭について」

40代の弟の体臭が気になります。本人は自分の臭いをあまり認識していないようなのですが、他人からも臭いと言われたことがあるようです。同居している私はとても気になるので対処してほしいのですが、本人は気にならないことから、改善の努力もしてくれません。一体どうすればよいのでしょうか。(40代・男性)

自分の体臭には意外と気づかない

周りにいわれても一向に気にしていないという弟さん。専門家によると、自分の体臭というのはなかなか気づきにくいもののようです。

体臭は自分では気づきにくく、他人から指摘されて自覚することが多いようです。弟さんも周りからいわれても本人に自覚がないため、気にならないのでしょうね。(内科医師)
体臭はなかなか自分では気づかないものですが、体臭が全くしないという人は存在しません。人はなんらかのニオイを発して生きているのですが、自分自身のニオイは自覚しにくいようです。(看護師)

まずは体臭に気づいてもらうこと

本人が認識していない体臭。まずは自覚してもらうのが改善に向けての第一歩ですが、どんな方法で気づいてもらうのがよいのでしょうか。

ただ単に「臭い」といわれても、本人としては理解しにくいと思います。例えば、弟さんが脱いだ服や靴下、枕カバーの臭いをかがせてみてください。脱いだ直後ではなく、脱いで少し時間が経ったものがよいでしょう。(内科医師)

基本的な体臭の改善法

本人に臭いを自覚してもらったら、いよいよ解消方法にうつります。以下のようなポイントを意識してもらい、生活習慣を改善していきましょう。

入浴時は消臭効果や殺菌作用のある石けんで、後頭部や耳の後ろも忘れずに丁寧に洗うようこと。また、入浴後は水分をしっかり拭き取って乾燥させてください。(内科医師)
体臭は誰にでも存在していますが、その体臭がいわゆる悪臭になるのには、いくつかのプロセスがあります。汗をかき、多少の湿潤環境と体温などの温度が加わると、カビなどが繁殖する環境になって臭いを発しやすくなります。衣類はこまめに洗い、洗濯物は屋外に干すようにしましょう。(看護師)
食べ物が原因ということも考えられます。脂っこい食事に偏っているようでしたら、バランスを意識したものを摂るように心がけることも大切です。(看護師)
弟さんの生活習慣を改善してみましょう。食事は脂っこいもの、臭いの強いものを控え、野菜中心のバランスのとれた食事を心がけましょう。また、水分を多めに摂って、軽い運動で汗をかくように勧めてください。汗をかくことで皮脂が排出され、さらさらした質のよい、臭いの少ない汗になります。(内科医師)

食事や洗濯、入浴習慣を変えることで体臭を解消していくことができるとのことです。一緒に暮らしている家族だからこそ、お互いに協力し合い声を掛け合ってすすめていくのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加