体臭

2016/07/05

洗っても洗っても臭い足!どうすれば改善できる?

洗っても洗っても臭い足!どうすれば改善できる?

足の臭いに頭を悩ませる男性は少なくないようですが、仕事柄1日中靴を履いていると仕方がないこともあります。少しでも足の臭いを軽減させたい場合はどうすればよいのか、何か効果的な方法はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「きちんと洗っても臭い足!臭いが染みついているのか?」

私は営業職で、日々多くの家や会社を訪問するのに歩き回り、そのせいか帰宅すると妻や子どもたちに「パパ、足くさーい」といわれてしまいます。足をしっかり洗っても臭いが残っていることが多く、臭いが足に染み付いているのではと思うほどです。染み付いた臭いを消す、もしくは臭いが染み付かないようにする方法はあるのでしょうか。(20代・男性)

臭いの原因は汗と角質にあり

汗をかき靴の中が湿った状態が長く続くと、雑菌が繁殖して臭いの元となる物質を発生させてしまいます。足の臭いを抑えられるかどうかは、靴の中のジメジメした環境をどれだけ改善できるかにかかっているようです。

足の臭いが皮膚に染み付くということはないと思いますが、足裏の角質に臭いが染み付くということはあるかもしれません。足が臭くなるのは、高温多湿で雑菌が繁殖して臭いの原因となる物質を作り出しているからなので、ジメジメした環境を改善することが大切です。(看護師)
足の臭いの原因は、汗と角質にあります。汗は元々は無臭ですが、足についた雑菌が汗と角質を分解するときに「イソ吉草酸」という物質が発生し、臭いの原因になるといわれています。これはお風呂で洗っても取れにくいようですが、重曹とお酢を入れて足浴をすると効果があったという話もあります。(看護師)

ジメジメ環境を改善する効果的な方法は?

特に革靴などの場合は、どうしても湿気がたまってしまいます。靴は毎日別のものをローテーションして履き、靴下は5本指ソックスにするとよいようです。また、伸びた爪や足の角質も雑菌が繁殖しやすいため、こまめな手入れが必要です。

5本指靴下にして何度も履き替えるようにしたり、靴の中敷きをこまめに交換するのもよいでしょう。普段仕事で履く靴は数セット準備し、革靴のような通気性の悪い靴は、1日履いたら3日くらいは履かずにしっかり乾燥させてください。(看護師)
爪の間にたまった垢なども臭いの原因になるので、爪は伸びたら切るようにし、爪の間もしっかり洗ってください。角質を除去することも重要ですが、取りすぎは新たな角質を生んでしまうためこすりすぎには気をつけましょう。それでも臭いがなかなか取れない場合は、足の多汗症などの可能性もあるので、皮膚科の受診を検討してみるのもよいでしょう。(看護師)

汗をかいたままにしておくと、雑菌が繁殖して臭いが発生するようなので、5本指ソックスを何度か履き替えるなど工夫してみてください。その他にも爪や角質の手入れなどアドバイスをいただきましたが、それでも改善しない場合は一度皮膚科で診てもらうのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加