健康

2016/07/04

血糖値のコントロールに有効な方法は?

血糖値のコントロールに有効な方法は?

これまで規則正しい生活を心掛け、健康状態も良好だったという相談者。健康診断で血糖値が高いことが判明し、まさに青天の霹靂といった心持ちではないでしょうか。今後の生活習慣で気をつける点について、専門家の意見を求めています。

40代男性からの相談:「投薬以外の血糖値のコントロール方法を教えてください。」

会社の健康診断で血糖値の高さを指摘されました。これまで血糖値については、全く問題なかったので驚いています。甘い物はほとんど食べませんし、飲酒も控えるようにしています。メタボでもありません。医師からはこのままだと、糖尿病になる危険があるので、規則正しい生活と食事療法が必要と言われました。正直に言って、これまでも十分に規則正しい生活を心がけてきたので、生活習慣の改善だけで血糖値のコントロールができるのか不安です。投薬以外で血糖値のコントロールに有効な方法があれば教えてください。(40代 男性)

その血糖値、正しい数値ですか

専門家は、血糖値は検査のタイミングでもずいぶん変わるものだと言います。それまで正常範囲だった数値が急に跳ね上がるとは考えにくく、採血や食事のタイミングが作用している可能性があると指摘しています。

規則正しい生活をしていたとしても、むしろ糖尿病でもないのに血糖値が異常値として出る可能性はあります。それは検査をするタイミング・食事のタイミングです。おそらく採血の結果で血糖値が高いと指摘されたのだと思いますが、採血前に食事をしていると血糖値が上昇しているタイミングで採血されることになります。血糖値は空腹時の血糖を意味するので、その可能性があります。(看護師)

あるいは糖尿病は遺伝も関係する病気ですので、生活習慣に関係なく発症したとも考えられます。

他の可能性としては遺伝的要素があるかもしれません。これは生活習慣の良し悪しに関係なく発症してしまう糖尿病です。充分に生活に気を付けているのであれば、その可能性があります。(看護師)

糖尿病に有用な食事療法と運動療法

血糖値は適切な食事と持続的な有酸素運動でコントロールできます。昨今は玄米やキノコ類、海藻類に代表される低GI食品が糖尿病予防や治療に有効であることが分かり、注目されています。

投薬以外で血糖値のコントロールに有効であるのは食事療法と運動療法です。食事療法では低GI食が注目を集めています。(看護師)
投薬以外で血糖値をコントロールするには、食事療法と運動療法が基本になります。食事では高カロリー食や脂肪分を多く含む食品は摂取しないようにします。食物繊維には血糖の上昇を予防する効果があるので、キノコ類や海藻類、野菜類など積極的に摂取するようにします。但し野菜類でもいも類は摂取を控えましょう。ご飯なら白米より玄米や発芽玄米、パンならライ麦パンなどがお勧めです。イワシやサンマなどの青魚を食べるようにして肉の摂取も控えるようにします。主食・主菜・副菜を組み合わせ、1日3食きちんと食べるようにしましょう。また、お菓子やアルコールも控えます。どうしても食べたい場合は、カロリーを抑えた糖尿病用のお菓子を選ぶのもひとつの方法です。食べる時は血糖値の急激な上昇を避けるため、炭水化物からではなく野菜を先に食べるようにします。(看護師)
運動は持続的な有酸素運動が効果的です。水泳やジョギング、ウォーキング、体操、サイクリングなど全身を使う運動をしましょう。食後30分~1時間後に行い15分以上は続けましょう。(看護師)

突然の糖尿病発症を宣告されたものの、病気に向き合いしっかり治療していこうとしている相談者。これまで通りの規則正しい生活に加え、食事療法と運動療法を取り入れた生活習慣を実践されることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加