健康

2016/07/01

アルコールを減らしたい!ノンアルコールや第三のビールは効果ある?

アルコールを減らしたい!ノンアルコールや第三のビールは効果ある?

健康のため禁酒したほうがよいことはわかっていても、どうしてもやめられないという人は少なくありません。今回の相談者もそんな一人です。ノンアルコールや第三のビールに変えることで、アルコールの摂取量を控えることはできるのでしょうか。

40代男性からの相談:「アルコールの度数について」

人間ドッグでコレステロールと尿酸値が高いといわれ、二次検査で薬を処方されました。以前は夕食時にビール・焼酎水割りなど飲んでいましたが、最近は350ml缶のノンアルコール1本と第三のビール1本です。第三のビールはカロリーや炭水化物が少ない銘柄を飲むようにしています。アルコール0.9%未満などのものは第三のビールより、肝臓への負担は少ないのでしょうか。0.9%でもノンアルコールの方がよいでしょうか。(40代・男性)

肝臓の負担はアルコール度数に比例する。度数が低いものを

アルコール度数が高いほど肝臓の負担は高くなります。度数を低いものを選ぶことが大切です。

どんな種類のお酒でも、飲むと尿酸値は一時的に上がります。アルコールを代謝する際に尿酸が生じ、その尿酸はアルコールの作用によって、腎臓から排泄されるのを抑制するためです。またアルコール度数が高いほど、血中アルコール濃度が早く上昇して、肝臓への負担も高くなります。アルコール度数の低い方が、肝臓への負担は少ないと考えられます。(看護師)
お酒の中でも、ビールには尿酸の原因となるプリン体が多く含まれています。発泡酒や第三のビール、ノンアルコールビールの中には、カロリーやプリン体、糖質の含有量を減らしたものや、含有量ゼロのものも売り出されているので、そのようなビールを選んでみてはいかがでしょうか。(看護師)

ノンアルコールも第三のビールもゼロではない。適量を心がけて

ノンアルコールは1%未満のものをいい、わずかながらもアルコールは含まれています。第三のビールは原料の違いで、アルコールもやはり含まれるため、適量を心がけましょう。

ノンアルコールビールは、アルコールの含有量が1%未満のものをいいます。ノンアルコールといっても、わずかながらもアルコールが含まれているため、0%と比べるとアルコールの影響はあります。第三のビールは原料を麦芽以外のものにすることで、酒税法上、ビールにも発泡酒にも属さないように作られたもので、アルコールを含みます。(医師)
飲む量には個人差がありますが、厚労省が適量とするアルコールは、ビールでは中ビン2本、日本酒1合くらいになります。肝臓に負担をかけないようにするには、禁酒するか飲酒を控えることですが、どうしても飲んでしまう場合には、やはりアルコール度数の低いものが良いでしょう。 (医師)
食事内容がコレステロールや尿酸値に影響を与えるので、全体的な食事量を減らし、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。(看護師)

ノンアルコールといえども、アルコールゼロではないのですね。原料が異なる第三のビールも、アルコール度数が低いというわけではないようです。尿酸の原因となるプリン体や、カロリー、糖質をカットしたものもありますから、健康に配慮したものを選び、適量を意識して楽しむのがよいでしょう。健康的な食事や適度な運動も心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加